夢の欠片、その在処は

舞鶴鎮守府で提督やってます

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

約束、絶対ハッピーエンドね

でも、別れたほうがいい終わり方な気がしてならない。

羽入を退場させないことが本当の「奇跡」だったのならば、それは原作の「祭囃し編」があればいいのでしょう。
梨花が「皆殺し編」世界の存在そのものを覚えていないことの意味。
原作の梨花視点で語られている羽入の情報に、もしも間違いやウソがあったとしたら。

主人公一人称視点方式には大きな落とし穴があるというのは、「ひぐらしのなく頃に」という作品自身がさんざん使ったトリック。
ならば、梨花の語りがすべてあの世界の真実だと誰が保障するのか。
極端な話、他人どころか主人公自身の情報ですら主人公自身の主観でゆがめられてしまうことすらありえる。



――いくらなんでも、タガが外れすぎだろう。いったい、どうしちまったんだ。
――媚を売っている、というのも間違いではないのかもしれないわ。だって……選んでよかったと、最期まで思って欲しいじゃない。
二次創作 | コメント:0 | トラックバック:0 |

梨花ちゃんと同じ中の人

俺修羅最終回で真涼さんがデレてたのを見て
ひぐらしの梨花ちゃんがデレ壊れたらこんな声を出すんだとインスパイアしたのは私だけだろう。
でも田村ゆかりさんは前期の真涼さんより今期のむろみさんみたいなキャラのほうが合ってると個人的には思う。


なお前期アニメでは不覚にも「琴浦さん」の御舟部長(と室戸先輩の組み合わせ)に萌えてしまった模様。
黒猫にもシャルにも撫子にも小鳩にもまゆしぃにも栞にもカルタにもかがみにも屈しなかったこの私が…花澤さんって、実はロリキャラより年増キャラのほうが適任なのかもしれない(失礼)。
二次創作 | コメント:0 | トラックバック:0 |

準備中

やっぱり締め切りがないと書けないと思うんだってむかし誰かが言ってた。
これが最後のチャンスなのはわかっている。
なんかあちらさんはきちんと終わりそうだし。
二次創作 | コメント:0 | トラックバック:0 |

さらばひぐらしよ、永遠に 完結編2013

よし、じゃあ週一で澪IF連載すっか。
二次創作 | コメント:0 | トラックバック:0 |

リハビリ

なぜか出社前に一筆。

先日久しぶりに掲示板のひぐらしオリスクスレに書き込んだら、予想外に多くのレスがついて震え上がりました。
みなさんそんなに梨花ちゃまが圭ちゃんといちゃつくのが好きなんですか……。このカップリング好きの熱心さっぷりは異常。

これじゃ、圭ちゃんと梨花ちゃまが決別する悲恋オチを書いたらフルボッコ確実じゃないですか……。

真面目な話、澪IFのオチを圭梨破局別離にしようと考えた時期もあったんですよ。そのほうがオチとしてはさっぱりするから。
キャラ崩壊にも悩みました。幾らなんでも梨花ちゃん壊れすぎだろうと。
でもまぁ、久方ぶりのオリスクスレ書き込みで、初心にかえることができました。



ブランクを取り戻すために、とりあえずおまけのお疲れさま会のトークを書いています。
イメージとしては、賽解し編未完成状態でのみ見られるバージョンという感じで。
なぜか目立っているのは圭一や梨花ではなく、名脇役というポジションに目覚めつつあるあの人。


本編のほうは、今回新たに書く第1話のお祭り編のとあるパートを仕上げ。圭ちゃんが現・園崎頭首にハッタリ全開の巻。虚崩し編の圭一に比べたら大分ぬるい代わりに、理性をかなぐり捨てている梨花ちゃんがロケットブースターになってくれるので結果的にはトントンなのか(?)
梨花が圭一に火をつけ、圭一が梨花を煽り立てて加速していく流れを書くのは今でもやっぱり楽しい。

この後にやはり完全新作の第2話が入り、第3話は以前に公開した秋エピソードSSの改訂版、第4話は舞台が昭和59年6月に移って、梨花が祭囃し編世界に迷い込むSSの改訂版の完結編前編、第5話が梨花の選択を描く完結編後編となります。
二次創作 | コメント:0 | トラックバック:0 |
BACK| HOME |NEXT


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。