夢の欠片、その在処は

舞鶴鎮守府で提督やってます

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

嬉しいような困るような

購入した今月号のGファンタジーを、帰路のバスでパラパラめくっていたら、「ぱにぽに」のページの端っこに「DVD-BOX版新作用黒板ネタ募集」の文字が。

「ちょっ! ま、まさか!?」と、
読み飛ばしてた巻頭のカラーページを改めて開いたら、こんなニュースが。

「ぱにぽにだっしゅ!」DVD-BOX化決定!
特典は新作特別編!!
制作陣はもちろん、監督:新房昭之×シャフト!!


キタ━━━━━(゚∀゚)━━━━━ !!!!!
うおおおおおおおおお!! 待ってましたよシャフトさん!!!
ちくしょう、長いこと待たせやがって~。

…単発ではなくTVシリーズで見たかった、なんて無粋なことは今は言うまい(爆
現在持ってるDVD版はどうしよう、なんて野暮なことは今は言うまい(苦笑

シャフトは今まで自社作品で散々「ぱにぽに2期は?」をネタにしてきたんだから、「このまま永遠に引っ張っておしまい」は許さん、「せめてOVAくらいはやってくれ」とは思ってましたけどね。
なにはともあれ、来年3月が待ち遠しいです。




土曜から月曜の朝まで、咎人さんの家に泊まってきました。
自称「富竹3号」のプロカメラマンである咎人さん(以下、咎さん)、今回は色々な写真(作品)を見せてもらいました。
主に横浜(建物など)と日光(風景)で撮影してきたもので、厳密に言えば狭い意味での写真ではなくスライド状のフィルム(素人の私には専門用語とかがさっぱりで申し訳ない)を光源で透かし見るものでした。(一般に使われているフィルムは茶色いですが、これはカラーフィルムなのだそうで)
この方式で拝見すると、とにかく色が鮮やかで綺麗です。
私が特に「良いなあ」というものの傾向から、咎さん曰く「(鳳龍は)ブルー系が好きですね」。
よくありがちな、「あなたの好きな色は?」という質問で即答できない私ですが、ひょっとしたら青が好きなのかもしれません。
ただ、壁に貼ってあった赤い空の写真(こちらはフィルムではなく、狭義の「写真」)もすごく印象的でしたけど。所謂「夕焼け」の色というと、オレンジに近い赤が定番なのに、その写真の空は文字通り「赤」だったのです。様々な色を我々ヒトの目に見せる――光とは本当に計り知れないものなのだなあと。(当然でしょうけど、写真家は「光」の諸々にとても神経を使うそうです)

あ、もちろんヲタ的トークもたっぷりしてきました。
まだまだ確たることはいえないのですけど、「おまけシナリオ」企画について、すり合わせをしました。
咎さんの貴重な睡眠時間をざっくり奪い取って(殴

タイトルは「夜壊し編」

鳳「PSP…じゃなかったDS版では“異本”昼壊し編ってありますから、異聞とか偽書でいいんじゃないですか? キリスト聖書の異端本みたいな感じで」
咎「あれ? 昼壊し入るんですか?」
鳳「ええ。…それともストレートなパロディって意味で夜壊し編にでもします?」
咎「ひぐらしナイトブレイク(爆笑)。なんかやらしいタイトルだなあ」
鳳「あ、カタカナに直したらナイトブレイク(笑)。ヤバイですかね、18禁的な意味で」
咎「いいんじゃないですか。ひデブには学校とかで夜のステージもありますし」

鳳「エピローグはラブラブにしますか」
咎「甘くしますけどね。最後のステージは古手神社、祭具殿」
鳳「相手が○○&○○なら、本殿の方がいいんじゃないですか? むしろこっちのラスボスは○○だから祭具殿にして。○○&○○なら祭囃し編の再会場所のイメージで。昼壊しのラストも神社ですし」


それにしても、咎さんの頭ン中はマジでカオスです(褒め言葉)
どういう展開にしようかと話していて、出てくるのはネタ的な意味で伏せ字必至の内容ばかり。
○ンギヌスの槍でオヤシロバリアーを……とか。どこからともなく聞こえてくる「らめぇ~!!」の声とか。
まぁ私も大概ですけどね。


シナリオ選択の分岐表示で「梨花を選ぶ」「羽入を選ぶ」じゃいまいち面白くないってことで、何か別の表現はないかと話していたら、梨花は「古手の巫女」であっさり決まったのですが、羽入がなかなか決まらず。「部活のルーキー」「ダークホース」という案も出たのですが、羽入シナリオ担当の咎さんは「神様系の煽り名にしたい」と希望されたので、
鳳「じゃあ、“シュークリームの神様”はどうです?」
咎「良いんじゃないですか。……いや、シュークリームの“鬼”で」
鳳「(爆笑)」
そうしたら、梨花シナリオ担当の私は、「シュークリームの鬼」に対して「古手の巫女」じゃありきたりでだめだ、と変更を決意。
鳳「後夜祭の梨花ちゃんに、○○の魔女とかは合わないですよね…」
咎「こっち(の羽入)はともかく、そっちはすっかり圭一の嫁モードですからねえ(笑)。ベルンとかなら奇跡の魔女とかで簡単なんだけど、もう魔女じゃないし、難しいなあ」
鳳「ああ(爆笑)、竜騎士さん(原作)の梨花ちゃんと違って、ウチの梨花ちゃんはバリバリ圭一の嫁ですから。赤い炎とかの語句を入れたいです」
咎「“赤い”にこだわります? 炎でいいんじゃないですか?」
鳳「炎の巫女。……それでいきましょう!」
みたいな感じで、朝の4時近くに決定(ぉ
多分おまけシナリオのどこかでこのような選択肢が表示されるでしょう。

1.炎の巫女
2.シュークリームの鬼
スポンサーサイト
雑記 | コメント:3 | トラックバック:0 |
<<伏線とは | HOME | もう一つのカケラ屑>>

この記事のコメント

お二人ともカオスすぎますw
当然ほめ言葉ですが!

読んでて吹きましたw
いやー、楽しそうな会談いいですね~w
7月からなんか平均10時間稼動超え続けてて
最近、家帰っても4時までおきてるし(7時半家出発)
土日も遊びまくってストレス発散してるのですが
たりません!実に楽しそうでうらやましい会話をw

ていうかやりすぎで身体の調子こわれてきたのはまあお約束・・・w
2008-10-26 Sun 02:03 | URL | 水湖 [ 編集]
いやはや、本当にご無沙汰のKratosでございますw
先月は特に、自分のブログを始め二次創作から完全に離れてました(苦笑)

鳳龍さんの『澪IF』も、色んな方を巻き込んでだんだんとスケールの大きな作品へと昇華していっている様で、一読者として完成が楽しみになってきました♪
(おまけシナリオもなんだか凄い事になりそうですねw)

私も頑張らねば……とは思うのですが、二ヶ月以上も執筆から離れていると、なんだか書くのが怖くなってくるから不思議なものです(苦笑)

また年末くらいにでも、皆で飲み会でもしたいですね^^

といった所で、本日はこの辺で失礼します。
2008-11-03 Mon 17:20 | URL | Kratos [ 編集]
水湖さん、Kratosさん、コメントありがとうございます!
それから、長い事放置して申し訳ありません!

>水湖さん
>お二人ともカオスすぎますw
圭羽チームのラスボスは赤梨花にしてぶっ潰す、とか、咎さんはおそろしい人です(笑)。

>たりません!実に楽しそうでうらやましい会話をw
咎さんは今お忙しいようです。年末か年始あたりにまたお会いしたいと思っておりますが。
ブログでは紹介自粛しましたが、居酒屋モードなひぐらし原作者批判トークとかも盛大にやりました(苦笑)
「第二回圭梨花友の会」は是非やりたいと思っています(笑)

>Kratosさん
>ご無沙汰の~
転職とかでご多忙だったようで、お疲れさまです。
>おまけシナリオ
正直、横暴だ、痛いカプ厨だ、と原作ファンに叩かれるのは覚悟の上で描くつもりです。
>書くのが怖くなってくる
Kratosさんも言及されていた、「羽入の扱い」がどうにも四苦八苦しました。率直に言って、圭一と梨花がラブラブという展開をでっち上げるよりもよっぽど、「原作とは違う羽入の答え」を提示することは怖かったりします。
>年末くらいにでも、皆で飲み会
上に書いた通り、是非やりたいものです。
2008-11-12 Wed 03:43 | URL | 鳳龍 [ 編集]

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。