夢の欠片、その在処は

舞鶴鎮守府で提督やってます

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

即売会行って来ました

日曜日に、「オヤシロさまが見てる2」へ行って来ました。
原作者・竜騎士07氏を初めて直に見ました。隣りに居たのが多分弟さんでしょうか、どことなく似た顔立ちでした。
原作者が来場して書き下ろしの配布物がある、ということで開場時間からしばらくはかなりの混雑ぶりで、配布の小冊子は一時間ほどで完売。
私も(うみねこのほとんどが未読にもかかわらず)ちゃっかり小冊子を購入。
個人的に、それなりの価値はあるものでした。二次創作をする上で。
(以下は、あくまでも「居酒屋トークレベル」とご留意の上お読みください)

イベントからの帰りに某所で買い物をした後、その道中から新宿の居酒屋へ雪崩れ込む形で、咎人さんとどっぷり「対談」をしました。(私の方がかなり喋ってましたが)

席上で「圭一&詩音もいいよね、むしろ悟史よりお似合いでは?」などと意外な意気投合もしたのですけど、その意味でも祭囃し編って残酷なカケラだよねと二人で愚痴モードに。圭一&梨花にしろ圭一&詩音にしろ、考えることすら馬鹿馬鹿しくなる展開ですから。サイコロの一ってレベルじゃ(ry
叶さんの魅音フラグは(元々綻びやすくしているフシすらあって)ひっくり返すのも容易ですけど、竜騎士さんのレナフラグ(及び詩音の悟史フラグと梨花の赤坂フラグ)のどんでん返しは正直厳しい。
鳳龍は澪IFで実際に「解答例」としてやっちゃいましたけど、所詮突発イベントでこしらえたフラグなど、さほど強固なものではありません。(澪IFの圭梨フラグにも同じことは言えるわけで、破綻させることは決して難しいことではなかったりもします)
でも竜騎士さんの圭レナフラグは、突発イベントででっち上げたものではなく、半ばデフォルトの「設定」に近い信頼関係なので、なかなか崩せるものではありません。(澪尽し編の評判が悪い一因は、その「設定」を壊したからでもあるのでしょう)
悟史にしても、眠ったままじゃ(口の悪い言い方をすると)きゅんきゅん☆詩音の好き放題にもされかねない面もあるわけで。
個人的に、澪尽し編の悟史復活は決して「救済」ではなく「試練」だと思います。逆に祭囃し編の「悟史の復活無期限先送り」は竜騎士さん流の「救済」ではないでしょうか。竜騎士さんはあそこで悟史を目覚めさせたくなかったんだな、と澪IFを執筆してて痛感しましたから。
悟史が目覚めれば、確実に人間関係は変化を余儀なくされます。それが詩音(というかサトシオン好き)の理想通りとは限りません。
復活が確定した澪編の方が、実は圭詩フラグのやりようはあったりもします。(祭編は詩音が分校の部活へ来ない設定にもなってますし)


ちなみに、咎人さんに「賽解し編」の「真相」はあらかた喋ってしまいました。
私は「中身(粗筋)を知ったら終わりのビックリ箱」じゃ寂しいよなあと常々思うのです。
「ギ○スのことですか」って咎人さんは苦笑してましたけど。たとえネタバレをしても読み応えのあるものを書くのが理想ではあるわけで。
「真相」とは少し違いますが、賽解し編で「魅せたい(TVテロップで流行った言い回し)」圭梨燃えとはなんぞや、という話もしました。

「努力すれば誰もが超一流になれると?」
咎人さんが以前ブログで触れられていたことですが、何故かカケラ屑→徹甲弾の流れの話からここへ。
さらに、はっちゃけるのは子供の役目、落ち着いて黒子に回るのは大人の役目、という話へ。
引退作となる「次」は、そういう物語を書きたいですねと、仮称「話尽し編」の大まかな構想も披露しました。
皆殺し編で温泉へ行ってしまった赤坂の、本当の意味での名誉挽回を私は描きたいです。
原作では鷹野さんの過去編からスタートしましたが、仮称「話尽し編」は皆殺し編アフターで大石亡き後、真相究明に奮闘する赤坂を導入口に持ってきます。
梨花は澪尽し編とは違う形で記憶を継承しますし、羽入の実体化は…。
目標は、羞晒し編へ接続する(鷹野さんや小此木が登場する)世界の構築。つまりは昼壊し編のように鷹野さんと和気あいあいで居られる結末を。
だってまぁ、ほら、ひぐらしの世界は「文化的に話し合うこと」で解決するはずじゃあないですか(笑)

とまあ、夜6時過ぎから9時まで、延々と喋ってました。咎人さん、本当にお疲れ様です。また11日に第二回居酒屋トークやりましょう(爆
スポンサーサイト
二次創作 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<古手梨花の消失 | HOME | お祭り>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。