夢の欠片、その在処は

舞鶴鎮守府で提督やってます

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

んなアホな

ギアス……ギルフォード卿が生きていたってどういうこっちゃ?

正直、あれには愕然としました。おいおい。
コーネリア殿下が一命を取り留めていたのは、まだわからないでもないですけど。
散るかと思われていた藤堂や扇や玉城らがどうやらEDまで生還しそうな空気の中、ディートハルトの死に様は一際惨めなものがありました。
よくよく考えたら、元々は黒の騎士団の中でゼロ=ルルーシュへの信奉度が一番高く、造反エピソードでも一番抵抗していたキャラだったのに、裏切った騎士団の中で唯一ゼロに憎々しげに始末される(直接撃ったのはギアスを掛けられたシュナイゼル)末路、それもまた因果。

ニーナが一生ゼロを許しはしないけど、それはそれ、自分の答えを見つけたいと吹っ切れているところは、よかったことはよかったのですが。
如何せんあれほどゼロ憎しで狂っていたのを見せ付けられて、フレイヤの十字架を突き刺されたとはいえ、こんなに吹っ切れているシーンが来るのはちょっと過程を飛ばし気味に思えます。

それにしても、ニーナにしろ、スザクにしろ、そしてロイド&セシルにしろ。
ルルーシュの最後の目的=ゼロレクイエムとは、従う(手を貸す)価値があると彼らをして思わせる代物なのですね。
鎮魂歌というくらいだから、要はひぐらしの羽入よろしく、自身が悪者役として人の世の罪を全部おっ被って退場(死ぬ)してやるというようなものなのでしょうか。
この作品のことだから、何となく、ルルーシュのゼロレクイエムは土壇場で潰えそうな気もしないでもないですが。
うーん、やっぱり例の特番で1話分潰れて全25話で、しかも後半はネタバレ流出で急遽プロットを一部弄ったのがあちこち響いているのでしょうか。
ニーナやスザクの心理はまだ想像の(要はその「転回点」を省略している)余地はあるのですが、ナナリーがあれほどまでにフレイヤをあっさり連発してまでルルーシュを排除したがるロジックが理解に苦しみます。まぁそこは流石に次回最終話できっちり説明してもらわないと…。
コードギアス…やっぱり、全50話という枠では全然足りなかったのかもしれません。
以前の話でディートハルトが顔面傷だらけになっていた理由がメルマガで知らされたという書き込みを某ブログで見て、開いた口が塞がりませんでした。
何だかんだで楽しみましたし、ぶっちゃけ二次創作への影響も多少はあるかも(もちろん、ギアスのパクリとあからさまになるのは避けたいのですけど)しれませんし、最後までやっぱり目が離せませんね。

以下拍手コメント御礼。
>七誌さん
プレイして頂きありがとうございます。お気に召したようで幸いです。

>佐和多里さん
再びのコメントありがとうございます。
>音と画像がつくと迫力が~
この賞賛はキヌヤン氏に与えられるべきですね。製作もさることながら演出が結構上手いです。
>当たりの箱を選ぶのではなく、選んだ箱を当たりに~
澪IFは、祭囃し編的完全ハッピーエンドへの異議なので、そもそもこの作品自体がある意味「アタリの箱」ではないのです。
極端な話、出た目が悪かったらリセットして振りなおし最高の目まで粘る、という思考は止めていただきたい(つまりは、うみねこの「奇跡の魔女」の否定)という。
>梨花・沙都子の会話に~
まぁ竜騎士さんの梨花のあの沙都子LOVEっぷりがある以上(笑)、圭一がどんなに頑張っても超えられないとは思います。そもそも賽潰し2話で事実上の敗北宣言すらしてますし(爆
>圭梨萌え(燃え)
うーん、やっぱりこの二人は、萌えより燃えなんだと思います(笑)
>「後夜祭梨花」が祭囃しの世界に迷い込む話~
ハズレの箱を選んで頑張って這い上がった者が、アタリの箱の存在とその中身を知ってしまったら――しかもそれを選べるかもしれないとしたら。
後夜祭梨花「べ、別に悔しくなんかないんだから!」(ぉぃ
スポンサーサイト
アニメ雑記 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<前半と後半のギャップ | HOME | インターミッション>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。