夢の欠片、その在処は

舞鶴鎮守府で提督やってます

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

オリスクというもの

「ひぐらしのなく頃に(解)(礼)」には、ある特長があります。
それは、ゲームスクリプトの知識と技術があれば、原作の立ち絵、背景、そしてBGMを利用した二次創作「オリジナルスクリプト(通称オリスク)」が作れることです。
個人的に、「BGMが使える」というのはすごく美味しいよなあと思います。実際、原作者・竜騎士07氏もBGM選曲のセンスの良さがアシストとなって、小説にはない部分で大分助けられている面はあるとも思ってます。

私もかつて書き散らした拙作に、原作立ち絵・BGMを付けてオリスク化したいとは思ったことはありますが、プログラムとかには疎いもので、諦めた経緯があったりします。

そうしたら今日、有志の方でしょうか、「後夜祭」をオリスク化して公開したいという思いがけない申し出がありました。
こうなると、「後夜祭」がまだ未完成なのが申し訳なくなります。
ここは、励みにして一念発起、今週のお盆は集中的に書こうかと思います。
(実は、ブログで「あること」をやろうとしていたのですが、「後夜祭」の完成を優先して延期しようと思います)
スポンサーサイト

二次創作 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<オリスクデモ版プレイしました♪ | HOME | ひだまりスケッチ×365第6話>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。