夢の欠片、その在処は

舞鶴鎮守府で提督やってます

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

大震災

東北沖太平洋地震が、ついに東日本大震災という未曾有の大災害に至ってしまいました。
被災者の皆様にはお見舞いを、犠牲になられた方々にはお悔やみを申し上げます。

埼玉県某市在住の私は、勤め先で地震に遭遇しました。
最初は、「おおっ、これは大きい揺れだぞ」などと妙に高いテンションで軽く考えていたのですが、震度5強の揺れよりも、その後余震が延々と続くのに不気味さを感じ、やがて世界で五指に入るクラスの巨大地震だったことを知って驚愕しました。
幸い、勤め先が自転車で30分かかる程度の場所だったことから帰宅に支障はなく、同じく地元で仕事をする両親も無事でした。
しかし、都内勤務の妹は帰る手段を失う「帰宅難民」になってしまい、同僚の家で一夜を過ごしたそうです。
妹は翌日無事に帰宅。我が家では特に実害は無かったとはいえ、「もしも首都圏で大地震が起こったら」の恐ろしさの一端を味わうことになりました。
翌日(土曜)は普通に出勤しています。ウチの会社、主な得意先は大阪ですから…とはいえ、福島や茨城にも出荷先はあってそちらは配送ができない状態で、震災の影響がじわじわと出ています。

追記
14日から、輪番停電が始まります。
生活とか仕事とか、正直どれだけ支障をきたすのか見当もつきません。
避難生活を余儀なくされている被災地の方々を思えば文句などいえるはずもありませんが。
しかし、原発はダメになりその代替のアテがなければ、夏場とかどうなるんだろう…去年レベルの猛暑がきたらと思うと…。

コメント返信
>川崎さん
私はこの通り家族共々無事です。そちらも無事なようでよかったです。
スポンサーサイト

雑記 | コメント:1 | トラックバック:0 |
<<予告編風 | HOME | なんでだろう>>

この記事のコメント

大変な事になっていますが
鳳龍さんが無事で良かったです
2011-03-18 Fri 12:49 | URL | セイム [ 編集]

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。