夢の欠片、その在処は

舞鶴鎮守府で提督やってます

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

久々に

凍結していたアレをそろそろ再始動させるか……。

というのも、日曜日に2chのひぐらしオリスクスレへ久々に出向いて、アレが書かれたレスがあったので思わず書き込んでしまった次第。
テーマは絞った方がいいという助言を頂きました。
確かにその通り。あれこれとやろうとした結果がごらんの有様ですからね。
圭一×梨花×羽入の三角関係(恋愛的な意味とはちょっと違う)を決着させるのが最優先ということになりますか。


そして虚崩し編の人はともかくとして、まだひぐらしオリスクを新規に制作しようという有志がいたことにびっくり(おぃ


「うみねこ」がもうじき完結しようとしているというのが、時の流れを感じさせます。
あぁまだep7読了していないです。



ひぐらし後夜祭第3部のテーマは……

さようならオヤシロレクイエム

プロットでは、羽入の意図について「オヤシロレクイエム(笑)」と書いていますが、言うまでもなくコードギアスの「ゼロレクイエム」にちなんだものです。
元々、原作の羽入の過去自体、ゼロレクイエムっぽくはありましたから。

圭一との絆を代償に羽入との世界を選ぶのか、神殺しの罪を代償に圭一との世界を選ぶのか。
前者を選べば、梨花と共に歩むのは別の世界の羽入。後者を選べば、今度こそ本当に元の世界の羽入の命は尽き果てる。
つまり、元の世界の羽入は、梨花がどちらの道を選択しようとも、一緒にいることはできないのだ。
それは梨花にとってあまりにも残酷な選択肢だったが、突きつけた羽入にとってはどちらも救いのまったくない二択だった。
スポンサーサイト
二次創作 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<2010年夏アニメ寸評(暫定版) | HOME | 男の夢>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。