夢の欠片、その在処は

舞鶴鎮守府で提督やってます

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

2010年

新年明けましておめでとうございます。

31日の20時すぎに年越しそばを食べた後は、つい30分前(現在1時45分)まで篝さんとぶっ続けでうみねこep5読んでました。(今日の晩にはep6のOPくらいまではいけるかなぁ)

とりあえず、速度普通のオートモードで4時間強進めて、ウチら兄妹二人は欠伸と溜息と共に、ぼそりと。

「竜ちゃんェ…」


23:15追記

ep5読了しました。

発売時から某所で言われていたほどのどうしようもない出来ではなかったと思います。

ただ、面白いとは思いつつもどこか釈然としない……否、せっかくの盛り上がりどころで何だか興を削がれているような冷めた感覚を抱いてしまう箇所も。「何もそこまで演出(や)らんでも」「何もそこまで書かなくても」なところ。

それと、あいも変わらず、「誰か一人に罪を擦り付ける・背負わせること」「誰か一人が不当に袋叩きされること」をひどく嫌い、憎み、執着しているのがまたしてもありありと感じられました。

まぁそれこそが竜騎士節の真骨頂なのだといわれればそうなのでしょうし、その根本的な部分に対して、私はソリが合わない、反魔法ならぬ反竜騎士の毒素をどこかに持っているのかもしれません……。
スポンサーサイト

雑記 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<愛がないから、視える? | HOME | 今年がもう終わってしまう!>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。