夢の欠片、その在処は

舞鶴鎮守府で提督やってます

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

「夜明し編 ~もう一つの罪滅し~」感想

※原作「ひぐらしのなく頃に解」のネタバレがあります。
「夜明し編 ~もう一つの罪滅し~」は「射行相(いゆきあい)の坂 」の佐和多里さんの製作された「ひぐらしのなく頃に」の二次創作作品です。
この方は以前にも、「闇現し編」「神騙り編」「診療所から」(原作版「ひぐらし解」を手元にお持ちの方は、これらも是非プレイされることをオススメします!)などを製作されており、今回久しぶりの新作として、「製作中」とのご連絡を以前から頂いていたので楽しみにしていました。
まず一言感想……うーん、やっぱり上手いなぁこのお方は。
ある意味、愛がどうのとキャラを通じてうそぶくどこぞのあのお方より作品への「愛」がありますよ。

読後に食傷感や嫌悪感、蟠りの類が一切ないのはやっぱりよいものです。

舞台設定は、公式の中では「宵越し編」に近い感じ。ただし、「宵越し編」は「篭城事件で圭一らが学校爆破阻止に失敗した世界」(「蔵出し編」などで原作者がそう言及しています)なのに対して、「夜明し編」は爆破阻止に成功(ただし、その直後に「大災害」が発生)した「罪滅し編」と同一の世界のようです。作中では軽くしか言及していませんが、「宵越し編」の事件も起きているようです。(果たして、作中の詩音は、悟史に生き写しのような乙部を初めて見た時にどんな心境を抱いたのか…)

この「夜明し編」でメインのモチーフとして扱われている、「詩音と沙都子の交流」。
原作においては、凄惨な顛末を迎え、そして最後の最後で「約束」を思い出した「目明し編」と、その最期に見た「夢」を具現化した「皆殺し編」の間にある、(つまりは実際の)「罪滅し編」では詩音と沙都子に接点はなく、空白ができています。
「目明し編」を踏まえて「皆殺し編」で二人仲良くなったあの流れで別にいいではないかといえばそうなのですが、皮肉なことに、こうした「補完シナリオ」を読むとかえって、大元の原作本編のピース不足が浮き彫りになってしまったかなぁと思わないでもありません。
そう、ないんですよ。「かつてはあんな残酷な間柄だった」詩音と沙都子が「どのようにして仲良くなったのか」が。
描かれているのは、「もうすでに仲良くなった二人」であり、「それは詩音が(世界のカケラを跨いで)『約束』を思い出したから」でしかありません。
更にいえば、その後の「祭囃し編」において、「詩音が沙都子の世話を焼くために雛見沢分校に転入してくる」設定も(おそらく、大石・茜との墓参りや入江救出の都合上)省略されており、地下祭具殿での一件を除けば、沙都子を特別気にかけている描写は乏しいです。沙都子を想う描写は、「皆殺し編」がピークで、「祭囃し編」がトーンダウンしている感が否めません。
私自身、「詩音と沙都子の交流」はとても好きなモチーフであり、だからこそ、結局は「悟史くんきゅんきゅん☆」に回帰してしまった原作の描き方には多少物足りなさを感じていました。
目明し編での沙都子暴行が自分の仕業だったことを詩音が明かすイベント(つーかこれ、本家でやっておくべきだったんじゃ…)がよかったです。
それからやっぱり、悟史との約束と沙都子への憎悪・嫉妬・蟠りの間で揺れる葛藤を見せてくれるのが。
いくら原作が絶対とはいえ「悟史くんとの約束」さえ思い出せばあっさり沙都子にべったりというほど簡単なものじゃないと思うんですよねぇ。もちろん、乗り越えられない壁じゃないわけで。
改めて言おう、これはいい補完シナリオ。

それから、相応の立ち絵がないためにビジュアルで見ることは出来ませんが、大石や赤坂、大人のレナも友情出演。
こちらは逆に「過程」をすっとばしてしまっていますが、彼らは大災害(終末作戦)や雛見沢症候群の真相をついに突き止めたようです。赤坂が警視庁公安部ではなく公安調査省(「庁」ではありませんでした)なのがちょっと興味を引きました。(ちなみに原作でも、元々は公安調査庁所属で描かれる予定だったそうです。)


雰囲気的には、トゥルーエンドといった感じでした。私はトゥルーエンドも好きなのです。
スポンサーサイト
雑記 | コメント:2 | トラックバック:0 |
<<続・10月開始アニメ | HOME | 企画 「今期終了アニメ(9月終了作品)の評価をしてみないかい?6」>>

この記事のコメント

感想ありがとうございます。

詩音と沙都子の和解については、私自身も不足を感じていたので、「罪滅し編」の裏エピソードとして楽しんで頂ければ幸いです。

>目明し編での沙都子暴行が自分の仕業だったことを詩音が明かすイベント
そこは一番苦労した所です。
かなりの部分ができていたのに作りかけのまま長期間放置していたのはその辺りが中々上手く描けなかったからです。
悟史と沙都子の関係については「神騙り編」でも少し触れていますが、あれだけでは悟史が気の毒にも思えるので、フォローも含めてもっと詳しく言及したいと考えていました。何とか完成できて一安心です。

>赤坂が警視庁公安部ではなく公安調査省(「庁」ではありませんでした)なのがちょっと興味を引きました。
これは単に確認を怠ったせいです。すみません。
2009-10-20 Tue 12:39 | URL | 佐和多里 [ 編集]
コメントありがとうございます!

> 詩音と沙都子の和解については、私自身も不足を感じていたので、
あぁなるほど(苦笑)。
やはり、「原作に不足を感じる」のが二次創作の動機としては大きいのでしょうね。
かといって、原作が不足(穴)だらけだったり、逆に想像(妄想)の余地がなくなってしまうのもちょっと考えものですが…。

>「罪滅し編」の裏エピソードとして楽しんで頂ければ幸いです。
罪滅し編の裏側でこんなエピソードがあったとしたら、皆殺し編で詩音が学校に押しかけてくるのにも、心情的にうまくつながるなぁと思います。

> >目明し編での沙都子暴行が自分の仕業だったことを詩音が明かすイベント
> そこは一番苦労した所です。
私などはかつて「二人でお泊り」イベントを設けることで割と安直に書いてしまいましたが(苦笑)
二人の互いの親密度も状況もまったく違うので、事実上一から始めて独白にまで至る過程を描いたのはすごいです。
苦労された分だけ、丁寧になっていると思います。

> 悟史と沙都子の関係については「神騙り編」でも少し触れていますが、あれだけでは悟史が気の毒にも思えるので、フォローも含めてもっと詳しく言及したいと考えていました。
悟史絡みはつくづく難しいですからねぇ…「沙都子の兄」「詩音の想い人」にただ祭り上げすぎるのもちょっと考えものです。結局、「優し過ぎた」のが心身を壊す原因になってしまったわけで。下手をすると、せっかく復帰しても再び心を病めることにもなりかねません。神騙り編を見る限り、終末作戦を回避しても悟史・沙都子がトリガーのバッドエンドがあり得るというのが怖いです。
酷な言い方をすると、鷹野とは違う意味で悟史が惨劇の元凶となっている面もありますし。

> >赤坂が警視庁公安部ではなく~
> これは単に確認を怠ったせいです。すみません。
いえこちらこそ、勝手に先走った記事を書いて申し訳ありません。
2009-10-21 Wed 06:03 | URL | 鳳龍 [ 編集]

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。