夢の欠片、その在処は

舞鶴鎮守府で提督やってます

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

気が早いけど

「化物語」
まよいマイマイとするがモンキーが終了。
アニメ初見ではこれで十分かな、と思いますが、原作を読むとかなり切り詰めているんだなとなってしまうのが、小説原作の難しいところ。
色を変えたり腸をリアルに描かないことでぼかしてはいましたが、いくらあららぎ君に驚異的な再生能力があるからって、グロいにもほどがあるバトルシーンでした。バトルシーンのかなりの部分を文字演出で隠していたのは、規制かはたまた動画制作リソース節約か。
ガハラさんと賢狼ホロが今期のお気に入りヒロインかな。

余談ですが、「化物語」の後に「夏目友人帳」を見返したら、「あぁ普通のアニメってこうなんだよな」と我に返りました。

「懺・さよなら絶望先生」
Aパートで旧作のおめでとうエンド、Cパートで新劇冒頭の赤い波打ち際とか、シャフトはどんだけエヴァ(ヱヴァ)が好きなんだ(笑)。
ある意味本編より気になるのは、「絶望先生絵かき歌」のトリは誰になるのか。絶望先生と普通のSZBHコンビが現時点で鉄板、対抗は久米田先生と前田君の作者アシスタントコンビといったところ。

「宙のまにまに」
江戸川は完全にネタキャラだな、毎回無茶しやがって…だがそれがいい。
沢城さんは不法入国少女、BL好きのガチレズ少女、芸術科の暴走生徒、狂感覚のクールな女戦士に、今度は天文部部長ですか。何か地震アニメとか暗殺者アニメとかにも出ているらしいし。2009年は沢城さんと堀江さんの使われっぷりが半端ないですね。

毎回吐血していた部長に、どうやらフラグが立った模様です。

「涼宮ハルヒの溜息」
「朝比奈ミクルの冒険エピソード00」のメイキング話。原作はともかく、アニメはみくるに鼻の下を伸ばしまくるキョンにハルヒが内心でイラついて、それが酷いみくるいびりにつながっている路線が濃厚ですね。次回はついにキョンがハルヒに…の予定ですが果たして。


ちょっと気が早いですが、来期の話。
今のところ、新規で見る予定なのは「夏のあらし!」と「超電磁砲」、能登坂もとい「乃木坂春香の秘密」ぐらいかなぁ。「生徒会の一存」は様子見。
正直、今期は多すぎました。化、絶望、まにまに、狼、ハヤテ、ハルヒ、GA、カナン、野球娘、ヴァルキュリア、パンドラ、鋼、咲、うみねこ…軽く10本超えとか。これでもかなりバッサリ切ったのに、です。
幸か不幸か、このうちの大半が9月で終わる見込みなので、秋は少なめにしたいです。


何だかんだで、ここ半年あまり見るアニメが多すぎたのが、ひぐらし二次創作を放り投げていた一因だったり(言い訳)。
とりあえず、完結編前半のメインは彼岸とお月見の話(以前書いたSSの改訂版)なので、9月中には改めてお披露目する予定。
完結編後半は、4~6月の話の予定。SSで書いた赤坂がらみの話を全面的に書き直し、「帰ってきた羽入(仮題)」は、澪尽し編アフターとは何だったのか、の解答になります。予め言っておくと、かなり詐欺じみた「解答」です。
あえて一言でいうなら、策士策に溺れる。
スポンサーサイト

アニメ雑記 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<だめだ | HOME | 棄権はよくない>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。