夢の欠片、その在処は

舞鶴鎮守府で提督やってます

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

ヱヴァ:破サントラ

どうも各所で品薄状態になっているらしい、
「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破 オリジナルサウンドトラック」
を買ってきました。

私は、サウンドトラックに関しては、劇中でいかに使われているかに重きを置いているので、フルサイズよりも劇中使用サイズに編集されたものが大好きです。
(余談ですが、かつてのエヴァ旧劇場版「Air/まごころを、君に」の場合、サントラと微妙に音質の違う劇中音源にこだわりすぎて、手持ちのリニューアルDVD版から好きな楽曲が使われている部分の音声を抜き出したほど)
そんな私にとって、劇中使用バージョンで収録されたこのサントラは、サントラの理想形。もちろん、特装版ディスク2に収録された豪華なロングバージョンも良いんですけどね。

以下、若干の映画ネタバレ含みます。


豪華ロングバージョンより劇中バージョンがいい、というのは
例の劇中歌「翼をください」が特にそうでした。
ちなみに、サントラを買った最後の最後の決め手は、この曲です(笑)

劇中バージョンでこそ、シンジがレイに手を伸ばし、使徒のコアから引っ張り上げるあの場面がありありと思い起こされます。

この曲をトリとする、対第一〇使徒戦のBGM群は、震え上がるくらいの迫力です。
約10年前から何度も聴いている「THE BEAST」「THANATOS」「THE BEASTⅡ」などの新録音版が聴けたというのも感無量。
でもやっぱり、予告編、そして2号機ビーストモードで使われた新曲「The Final Decision We All Must Take」が光っていますねえ。
スポンサーサイト
雑記 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<結局絞れませんでした、どころか | HOME | 破壊されたエヴァ>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。