夢の欠片、その在処は

舞鶴鎮守府で提督やってます

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

新澪尽し編というものが出るらしい

私はPSPも持っていなければDSも持っていないので、端からスルーしている「ひぐらしのなく頃に絆」ですが、その最終第四巻に、かなり以前から告知されていた原作第8話の祭囃し編に加えて、同じくPS2版「祭」最終話の澪尽し編の内容をリニューアルした「新澪尽し編」なるものを収録するようです。
まだ公式では発表されていませんが、先日発売された第三巻の「解々し編」のラストにその予告が収録されていたそうです。
まぁ澪尽し編とは、元々が……
・当初はオリジナル展開の内容(レナが活躍する話だという)でシナリオ執筆が進んでいた
・並行して制作されていた原作祭囃し編のデータを提供され、オリジナルシナリオを没にしてそれを採用(結果、裏山の戦いなど祭囃し編とほぼ同様の内容の部分がある)
・アペンドディスク・カケラ遊びで追加された「お疲れさま会」によると、採石場攻防戦など、没にしたシーンは多いらしい
……なので、祭囃し編が収録されるということは、当然同編から流用していた部分がそのままでは収まりが悪いので、差別化を図る必要があるだろうと予想はしていました。
どうやら、DS版ではオリジナルシナリオで「東京」側などの新設定やレナの過去についていろいろと布石をうっているらしいので、「新澪尽し編」はそれベースの完結編になりそうな。

しかし、こうして振り返ると、
原作未完の状態でのコンシューマー移植版制作
これって、結果的にはとんでもない大失敗だったと言わざるを得ないですね。(PS2版の売り上げはともかくとして)
だって、祭囃し編と並行しての制作で中途半端にテキスト流用して作った結果、オリジナル展開パートと流用パートの間がギクシャクし、一度延期してまで無理矢理制作した結果、圭一のボイスが前半ないだの誤植が多いだの分岐ルート管理がお座なりだの、未完成品とすら揶揄される仕様で発売した挙句、後日「カケラ遊び」なる完全版というよりは完成品を出す体たらく。
DS版のシナリオでようやく面目を施しつつある(第二巻の「影紡し編」や第三巻の「解々し編」「宵越し編」はまずまずの評判らしいです)というのでは、無印とアペンドを出したPS2版の経験を経てようやくという、かつてのPS2版ユーザーを踏み台にしているとしか思えない話。(まぁ他機種移植で新シナリオ追加とか、それ自体は別に珍しいことではありませんが)
TVアニメ「うみねこのなく頃に」で、
主題歌は原作に続いて志方あきこ!さらにBGMにも原作の楽曲アレンジを使用!
このニュースといい、「遅すぎるだろ今さら……」と、どうにもやるせない気持ちになります。
これで、「DS版のオリジナルシナリオも収録したPS3ひぐらし完全版」とか出した日には、……………………いやまぁ、別に不穏当なことをのたまうつもりはありませんが、某曲芸商法よりひどい話だまったく。
どうせプレイ動画がニコ動にいずれ上がるだろうからそこd(ry

とまぁ、愚痴はおいといて、ここからがある意味では本題。
拙作「澪IF」を知っている方だけ、以下の「続き」を読んでいただきたく願います。かなりぶっちゃっけた、丁寧語も何もない無作法な文なので、予めご了承を。






今さら、本当に今さらですけど、ここに明記します。


「澪IF」を「澪尽し編の続編二次創作」という括りから外します。

なんのこっちゃ、と思われるかもしれませんが、要は原作の「祭囃し編」と「賽殺し編」あるいはひぐらし礼そのものとのつながりのようなもの、にトーンダウン、同一の世界の話というには相互矛盾があると感じるレベルまで下げるということです。
副題に「澪尽し編IF」とあるんで、「澪尽し編とよく似た世界」のお話ということにします。というか、実はある時期からそういうことにしようと考えていたのです。
といっても、基本的に寄り代とする世界の内容は変わりません。ラストで羽入が消えてしまうところとかも含めて。
改変部分(オリジナルとどう違うのか)は、賽解し編のTIPSで明らかにしていきたいと思っております。

問題の終盤も、ようやく形が見えてきました……元から掲げている「羽入のケジメ」というテーマは揺るがないんですが、某悪逆皇帝の言葉を借りれば、「いくつルートを探っても、答えは同じだった」と。
ルートを探るのに、丸一年以上かけてしまったけど。
羽入の落としどころについては、中断している間に登場した「とらドラ!」の実乃梨が本当に参考になった。声が同じだからというわけではなく、むしろ同じ堀江さんというのは、偶然の一致。イメージはつかみやすかったけど。でもちょっと大河も入っているかもしれない。

梨花は……竜騎士07さんの古手梨花とは、ほとんど別人だと思います。祟醒し編ラストのあれで、決別しちゃってますから。そもそも竜騎士さんの描く梨花は、圭一といい感じにはならないと思います。(たとえ皆殺し編の記憶がどうあれ、竜騎士さんのシナリオでは、昼壊し編のように「べ、別に圭一のことなんか…」とツンデレもどきになるのが関の山でしょう。)

何というか、圭一の炎を纏って勇ましくなっちゃって……すんごくエロイ(ボソッ
いや、もちろん番外編も含めて全年齢対応の健全なシナリオですよ。もう胸焼け胃もたれをおこすくらい甘ったるい話(少なくとも前半は)。ヒントは「羽入は甘い物が大好物」。
でもただデレデレしてるだけじゃ、しまりがない。
フレデリカ・ベルンカステルにしなかったばっかりに、オリスクでお手数をかけてしまった詩の署名の謎は明かさないとまずいですからねえ。フレデリカはいずこにありや。

ここからは本当にぶっちゃけた話。

私にとって、祭囃し編とは違う、「梨花が罪滅し編・皆殺し編の記憶を引き継ぎ、(プレイヤーにとってではなく梨花にとって)圭一が空気以下の存在にならない」世界さえあれば、それでよかったわけで。
アルケミストが「新澪尽し編」が出してこようと、それと整合させるつもりはありません。
向こうが出す前にはこちらも書き上げないと。
スポンサーサイト
雑記 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<今日は、「測量の日」「ペリー来航の日」だそうです | HOME | アニメ諸々>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。