夢の欠片、その在処は

舞鶴鎮守府で提督やってます

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

狂詩曲

“改めて、放送中”の「涼宮ハルヒの憂鬱」
ついに、かねてより噂になっていた「新作エピソード」が放映されました。

放映されたのは、「笹の葉ラプソディ」という、短編原作の話。
「憂鬱Ⅰ」で張られていた、「初対面間もないハルヒがキョンの顔に見覚えがある発言」「3年前、中学校の校庭に派手で意味不明な落書きをされる事件があった」などの伏線が回収される話であり、
同時に、この後のエピソードの伏線でもある話です。
このイベントをこなしておかないと、「『消失』が(キョンにとっての)バッドエンドになってしまう」わけです。
そもそも、ハルヒがSOS団を結成するのはここでのエピソードが要因なので、この話がないと「『憂鬱』以降の全エピソードも起こりえない」というくらいの話なわけですが。

原作ファンやスタッフの団長代理氏も、「『涼宮ハルヒの消失』やるなら『笹の葉ラプソディ』は必須」ってのが口癖でしたから、まぁこれは、「憂鬱」と並ぶ(現時点での)最高傑作と目される「消失」アニメ化のフラグは立った、ということで確定だと思います。
「消失」は以前原作を読んだ時に好きだった作品なので楽しみです。


しっかし、久々の新作を見て思ったのが、
キョンは杉田智和氏しかありえない、つくづく一人語りがハマリ役だなぁと。無論、この点については世間で好き嫌いが分かれるでしょうが。
基本的に一人称形式の原作を、ここまで映像で(ダレることなく)再現するのはアニメスタッフ共々さすがとしか言いようがありません。「ヘイ相対性理論はどうなったんだユウ」ツッコミには吹きました。
(……それに引きかえ、同じ一人称文章形式主体の原作だった「ひぐらし」アニメは、一人称文章を変換するモノローグの扱いがぞんざいに過ぎたと悔やまれます。比較的尺に余裕のあった賽殺し編でも、お世辞にもうまいとは言いがたかったです)

今回のシリーズは、既存エピソードと新作エピソードを時系列順に再構成する形式ということなので、
次回の新作は、「ミステリックサイン」と「孤島症候群」の後に、「エンドレスエイト」もしくは「涼宮ハルヒの溜息」が放映されると予測されます。
構成上オープニングテーマは流れず、エンディングテーマが新作(一部の人達にとっては残念なことに、「ダンス」はなし)でしたが、次の新作ではOPも……?
(やるとしたら「エンドレスエイト」でもOPは省略され、「溜息」で新OPお披露目だと予想していますけど)

余談ですが、私は以前から知り合いに、「涼宮ハルヒシリーズは“普通に”面白い」と公言しています。
ちょっと過剰に持ち上げられ過ぎているかなあ、そこまで馬鹿騒ぎする中毒になるほどではないという反面、良い意味で堅実な作りをした、見たくなる面白さは確かにある作品だと思っています。
「笹の葉~」を見ていて、その点は改めて実感しました。
スポンサーサイト

アニメ雑記 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<アニメ諸々 | HOME | ひデポ>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。