夢の欠片、その在処は

舞鶴鎮守府で提督やってます

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

春アニメ

「夏のあらし!」
何やら口コミ工作があったとか、キャラクターデザインがアレだとか、前評判が芳しくなかったのですが。
第1話を見て率直な感想、「こりゃ人気はでない(DVDは売れない)な」。
話によると、今回は原作のかなり先の方のエピソードらしく、次回から改めて最初の方に戻すということなので、3話くらいまで様子見。
私が録画を見ていて、Bパートに入った時にウチの妹がやってきて横から見るなり「これシャフトでしょ。わかりやすいよね」と言うもんだから、「あぁそうだよ」と苦笑するしかありませんでした。(※妹は「夏のあらし!」を見る予定はなく、私も特に教えていなかったのでシャフト制作だということも映像見るまで知りませんでした)

「Pandora Hearts」
妹イチオシの作品。原作もさることながら梶浦由記さんの音楽にご執心の様子。原作未読の私には、正直まだ世界観諸々をよく把握しきれていないので、これまた3話まで様子見。本編よりも、原作ファンである妹と「原作未完作品のアニメ版の決着について」の議論をした方が熱が入ってしまったような。

「ハヤテのごとく!!」
原作もアニメ1期も見ていません。なのに、岩崎良明監督だというので釣られてみました(笑)。
どんな極上でお稲荷様な展開になるかと思ったら、本当に我が家の生徒会な雰囲気だったので、(シャフトとはまた違う意味で)「わかりやすいなァ」と視聴決定(ぉぃ
そういえば手乗りタイガーもお嬢様(離婚した挙句父親が夜逃げしちゃったけど)だったなぁ。

「タユタマ」
これはいい若本規夫さんネタアニメ(ぉぃ
「(エロゲちっくな作風の中で)若本さん浮いてるなぁ」と、妹とクスクス笑いました。
某澪IFを読んだ方は分かるかもしれませんが、私はちょっと「膝の上に抱っこ」フェチの傾向があります。「タユタマ」でそのものズバリなシーンがあったので内心赤面したのは篝さんに内緒。

「鋼の錬金術師」
マスタング大佐などの声優交代でかなり荒れている作品。幸か不幸か、私は前シリーズを熱心に見ていないのですんなり入れましたが。
プロモーションムービー的な意匠なのか、第1話は主要キャラの顔見せとアクションシーンのために用意したと思しきアニメオリジナルエピソードで、「これなんて劇場版クオリティ?」とビックリ。
見た感じツカミはオッケーなので、視聴継続決定。

「戦場のヴァルキュリア」
事前情報一切無し。気紛れで第1話を視聴。
主役声優さん的には、「図書館戦争」のヨーロッパ版といったところか。まったく先が読めませんが、面白そうではあり妙に気になるので視聴継続。

余談ですが、最近の私はいわゆる「ダメ絶対音感」が文字通り駄目になってきているようで……。以前から演技によっては川澄綾子さんと堀江由衣さんの判別が付かない有様でしたが、「ハヤテのごとく!!」 で、「これ川澄さんか?」と思ったら伊藤静さんだったのには、「俺の耳はもう駄目かも知れん」とガックリ。

アニメの見すぎで澪IFエクストラTIPS改稿+賽解し執筆作業が全然進んでいない……(死
ちなみに、「とらドラ!」最終回感想記事は一旦お蔵入りさせました。原作最終巻を読んだ上で、改めて記事にします。では。
スポンサーサイト

雑記 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<「覚えていた梨花」「覚えていなかった梨花」 | HOME | けいおん>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。