夢の欠片、その在処は

舞鶴鎮守府で提督やってます

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

トゥルーエンドっていいですね

すいません。

ひぐらしの二次創作を放り出して…ここしばらくの間――
TYPE-MOONの「月姫」をプレイしています。

以前、サイト「Paradigm」様の管理人さんに融通していただいておきながら、長らく積んだままにしていたのですが、遂に始めました。
知恵先生――知得留先生ことシエルネタを探しに、…なんてくだらない動機だったんですけど。

すいませんでした、面白いです。

さきほど、アルクェイド、シエル、翡翠ルートまでを終えたところですが…プレイする機会を得られたのは本当に幸いでした。そう思えるだけの作品だと。

まだ全ては終わってません(琥珀と秋葉ルート、及び歌月十夜とプラスディスク)が、今まで、ろくに知らなかったTYPE-MOONの、その出世作の恐ろしさを実感しました、いや、してます。

あと、改めて実感しました。私は、グッド(ハッピー)エンドもいいけど、トゥルーエンドを好む人間なんだな、と。

そして、月姫の翡翠トゥルーエンドを読んで、遂にというべきか、ようやくというべきか。
踏ん切りが付きました。幾つかの躊躇に。

更にもうひとつ。
月姫の前に、ひぐらし二次創作虚崩し編の新作箇所をプレイしました。
いやまったく、本当に。すごいですよ、この作者さんは。
思わず笑っちゃいましたよ。祭囃し編、いや竜ちゃんに対する皮肉が最高すぎて。どんなに時間が掛かっても、この人の書く物語を、私は最後まで読みたい!
スポンサーサイト
雑記 | コメント:3 | トラックバック:0 |
<<まだやってます | HOME | 「とらドラ!」がぁあ!!>>

この記事のコメント

お、好みの近い人がいた
私はトゥルーエンド好みどころか月姫に関しては“グッドエンド不要論者”ですらあります。

>遂にというべきか、ようやくというべきか。
>踏ん切りが付きました。幾つかの躊躇に。
誰かの死亡フラグタッタ━━━━━y=-(゚∀゚)・∵.━━━━━ン!!
2008-12-21 Sun 13:14 | URL | 七誌 [ 編集]
こんばんは、またまたお久しぶりです。

月姫は同じく知り合いに勧められたまま長らく放置状態です
Airとかなんてインストールまでしておいて起動すらしなかった
実績もあったりするのでやるのか心配ですが・・・w
(なのに何故か物語も細かいネタもほぼしってたりするふしぎ)

ところで語咄し編3、やっと読み終わりました
やっぱり梨花の話が多いですね~
圭梨があんまりなかったのがちょっと残念……

でも、大分いい感じな作品ばっかりでした

> 踏ん切りが付きました。幾つかの躊躇に。
○○ですね!○○なんですね!
どんな展開でも楽しみにしていますので
最終的には自分の考えで突き進んじゃうのがいいと思いますw

がんばってください!
2008-12-23 Tue 17:20 | URL | 水湖 [ 編集]
水湖さん、コメントありがとうございます!

> 月姫は同じく知り合いに勧められたまま長らく放置状態です
私もGumさんのご厚意を長らく放置してしまいました。
月姫本編はひぐらしと同じスクリプトですし、ノリも少~しだけ似てます。
奈須さんは竜ちゃんとはまた別のアクの強さがあり、誤字脱字もあちこちあったりしますが、お時間があれば、アルクェイドルートだけでもやるだけの価値はあるかと思います。

> Airとかなんてインストールまでしておいて起動すらしなかった
> (なのに何故か物語も細かいネタもほぼしってたりするふしぎ)
Airは先日再放送されたアニメ版の後半をちらりと見ました。
定番の、「もう、ゴールしても(ry」のところはみました。

> ところで語咄し編3、やっと読み終わりました
> やっぱり梨花の話が多いですね~
> 圭梨があんまりなかったのがちょっと残念……
1の時は、皆殺し編後・祭囃し編前という時期でしたから、割と色々な作品で「梨花が圭一に期待を抱く」はデフォルト設定だったりしましたし、2の時も「百年目の病」なんて意欲作があったりしましたが、さすがに時ここに至っては、竜ちゃんの原作に拠りどころがほとんどない(苦笑)圭梨ネタは厳しいと思います。

> ○○ですね!○○なんですね!
> どんな展開でも楽しみにしていますので
> 最終的には自分の考えで突き進んじゃうのがいいと思いますw
実のところ、以前お話しした時からさほど変わってはいなかった(というよりどうしても思いつかなかった)りしますが。
澪尽し編で○○が犠牲になったことへの非難があまりにも大きく(勿論、欠陥がそれだけではない点は私も承知しておりますが)、その頃から某所で「誰も欠けない“ジジ抜き”理論」がやたら持ち上げられだしたのが、躊躇していた一因でした。自分自身に、本島にこれでいいのか、と疑問に思ってしまったので。

> がんばってください!
ありがとうございます。オリスク虚崩し編の作者さんの背中を押した以上、私も負けてはいられませんね。
2008-12-23 Tue 21:41 | URL | 鳳龍ノ翼 [ 編集]

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。