夢の欠片、その在処は

舞鶴鎮守府で提督やってます

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

伏線とは

ブログ書くのをサボってしまいました。
賽解し編ちまちま書いてます。
何とか今週中に前半3話分は書き上げて、キヌヤン氏テキストにデータを渡したい。
とりあえず、暫定的に前半3話は近いうちに公開します。
第4話(赤坂編)は、元の「賽満し」SSだと圭一がモヤモヤして…という、いわばありきたりな内容だったのですが、「何か違うなァ」と思えてならなかったので、「賽解し」ではこのプロットを破棄することに決定しました。
竜騎士さんが、暇潰し編の「赤坂が死んでおしまい」だった初期稿を破棄したのと、似た理由です。


それはともかく、祟醒し編に続き、今度はより本格的にあの人たちが出てくることになりそうです。
ある意味、これは私の念願でもありました。
そう、伊知郎さんと藍子さんです。
私は、他作品ネタについては、オマージュはあってもネタパロディはやらない主義(井上喜久子さんリスペクトで入れたというより、実は田村ゆかりさんを暗にネタとさせて頂いた意味で入れた「17歳ネタ」くらいでしょうか)なんですけど、前原夫妻、特に伊知郎さんに関しては、ちょっと羽目を外します。

「ジョジョ」とか「男塾」の漫画とか、ゲームとか、竜騎士さんがノリノリでやるパロディ元ネタは、私にゃサッパリなんです。分かるのはローゼンメイデンぐらいですよ。多分、竜騎士さんとは根本的に趣味の守備範囲が違うんでしょう。兵器も、バズーカや散弾銃などの陸戦兵器より、戦艦「大和」の方が好きだったクチですから。
ところで、ひぐらしの一部登場人物名が「紺碧・旭日の艦隊」に由来するというのは本当なんですかねえ?
前原(前原一征)
入江(入江九市)
鷹野・高野(高野五十六)
富竹(前原一征が変装する時に使っていた偽名・富嶽太郎“とみたけたろう”)
大石(大石蔵良)
熊谷(熊谷直)
大高(大高弥三郎)
微妙っちゃ微妙なメンツですねえ…本当かもしれないし、偶然かもしれません。
でも仮に竜騎士さんが「紺碧の艦隊」を好んでたとしても、私は「紺碧の艦隊」は途中リタイヤして、「征途」や「八八艦隊物語」が好きだったクチだから、やっぱり竜騎士さんとは趣味があわないのかもしれません(笑)
シューティングが苦手なので「東方Project」もやってないし…ダメだこりゃ。

あ、咎人さんは熱心な「水銀党員」なので、トークの時はその手前はっきり言えなかったのですが、私はローゼンメイデンをリアルタイムで見ていた頃は、水銀燈の良さがサッパリ分からなかったクチです。ツンデレオブジイヤー翠星石も好きではあったけど、そこまでツンデレに入れ込んでいたわけでもなく。
(澪IFの梨花が典型的なツンデレじゃない一因は、私に「ツンデレ」への愛着が致命的にないからです。「ゼロの使い魔」のルイズも「ツンデレはごく初期の話で、実質はヤンデレ」だと思ってますし)
ツンツンしてるけど、ジュンとの「絆」は一番厚い真紅が好きだった、私は多分異端です。
喩えるならば、竜騎士さんの梨花は赤坂さんに対して翠星石なんでしょうけど、鳳龍二次創作の梨花は圭一に対して真紅なんですね、きっと。…ジュンが真紅を抱っこしてる構図が好きです。
翆の子や銀様に比べて不人気らしいだけど、頑張れ真紅。
私は、ラブコメより夫婦漫才の方が好きなタチなのです。今期アニメでは「かんなぎ」のナギ様と仁君のやりとりが最高。


余談ですが、先日見せていただいたローゼンの長編同人誌はとても面白かったです。ファンの二次創作から、だんだん水銀燈が好きになってきました。
もう一つ余談。移籍して連載再開したローゼンメイデンは、真紅の螺子を「まかなかったジュン」の話だそうで。これは賽解し編で(ry

そういえば、伊知郎さんで何をイジるかって、そりゃあのお方しかいませんよ、あのお方しか。

まぁ遊ぶだけじゃありません、ちゃんと伏線も張らないと。これがとても難しいんですよね。
多分、ひぐらし二次創作では例を見ないくらいに、父さんの出番多いです。

最後に。
賽解し編を早く仕上げるため、当面、ブログは一時休止します。
スポンサーサイト

二次創作 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<仁、ここが正念場ぞ! | HOME | 嬉しいような困るような>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。