夢の欠片、その在処は

舞鶴鎮守府で提督やってます

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

携帯

以前、サイト「Paradigm」さまの管理人さんとお会いした折に、「SS書くのには携帯がいい」というお話を聞きました。
椅子に座ってPCディスプレイとにらめっこするよりも、夜布団に寝転がって、ぼんやりと妄想しながら思い付いたことを片っ端から携帯に打ち込んだ方が、意外と楽に書けるのだとか。
それで昨夜、初めて実践したのですが、このやり方、結構いけますね。
趣味の二次創作は、頭を捻ってキーボードを叩くよりも、寝ながら携帯打つ方がリラックスできていいのかもしれません。Gumさん、ありがとうございます。

そんなわけで昨夜、「後夜祭」完結編のとあるシーンを携帯に仮打ちしました。
何処に入れるかはまだ検討中ですが、恐らく鳳龍のこれまでで最も「熱い」圭梨シーンになりそうです。萌えではなく燃え。
ある意味、CS版澪尽し編アフターの圭一と梨花だからこそ出来る会話だと思います。
そして、「射行相の坂」さまのオリスク「闇現し編」で、「you」が流れたあのシーンに対する、ちょっとしたオマージュも。

昨日も書いた羽入の問題。
竜騎士07氏が言った「(羽入は)プレイヤーの代弁者。幕が下りたら退場すべきかもしれない。けど退場しなくていい、ここに残っていいんだよ」、そして叶希一氏が言った「(羽入からの卒業による)梨花の自立」、澪尽しアフターではこれらに対してもほんの少しだけ違った解答を出したいと思ってます。
強いて言えば、「賽殺し編の羽入」に近いかも。
(祭囃し編では避けたと思しき)ある種の責任追及、贖罪的な演出は行います。でも、叩いて押し付けて潰すのでも、ただ奇跡で徳政令的に救済するのでもなく、「不作為」の責任は責任として受け止め自分なりのケジメを決意する、苦悩しながらそんな展開へ至れた羽入を描きたいです。
(そのために必要な駒が梨花であり、圭一というわけです)

因みに、二次創作「ひぐらしのなく頃に後夜祭」には、ゲーム「舞-HiME 運命の系統樹」の影響がちょっとあります。
一時「梨花は原作の記憶も澪アフターの記憶も全て忘れて、魔女から普通の少女に戻る。(魔女はベルンとして分離)」な鴇羽舞衣(CV中原麻衣さん)EDの逆バージョン案も検討してました。「原作百年の記憶と後夜祭10ヶ月の記憶の選択を強いられる」案もありました。しかし、やはり記憶リセットは如何なものかと気が乗らずにお蔵入り。(元々祭囃し編記憶リセットへの反発もありましたし)
そこで今は久我なつきED風で進めています。羽入は母・九条むつみと親友・静留と陽巫女のイメージで。
もちろんあくまで世界・キャラは「ひぐらし」ですが。
なので所謂祭囃し編的なハッピーエンド「めでたしめでたし」とは違うと思います。ジジ抜きでもババ抜きでもなく、神経衰弱というべきか。

完結編試作稿を読んで頂いた咎人さんのご感想は有り難かったです。参考にさせていただきます。
確かに圭羽「媚び」になっちゃあいけませんな。やり過ぎて脱線しないようほどほどに。

まぁより原作準拠での模索は、次回作「賽殺しアフター(仮)」の課題にしようかと。
スポンサーサイト
二次創作 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<「うみねこのなく頃に」アニメ化 | HOME | コードギアスもそのネタでキタかー!>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。