夢の欠片、その在処は

舞鶴鎮守府で提督やってます

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

虚崩し編読み始めなう

会社の賀詞交歓会用にスーツ一式買わされて7万円ふっ飛んだ\(^o^)/
恥ずかしながら、29になるまでまともなスーツを自前で買ったことがなくて…


ようやっと時間ができたのでこれから虚崩し編の新作パート読み始めます。
スポンサーサイト
雑記 | コメント:0 | トラックバック:0 |

西尾維新さんの「恋物語」を読んでいました。
つい先日、キャストが三木眞一郎氏だと発表された貝木泥舟が妙に気に入ったり、アレになってしまわれた千石撫子のアレっぷりに清々しさすら感じたり。
まぁ四分の三まで読んだ所で一旦しおりを挟んだ現状なので、これ以上の感想は控えます。


「境界線上のホライゾン」12話、私ゃここで一気に原作購入を即決してしまいました。
「俺一人では救えねえんだったら――そこは危ねえよ。だから救いにいくけど、――オマエもこっちに来い、ホライゾン」
いいなあこの台詞、パクッてもいいですか?(大馬鹿者)
トーリとホライゾンのやり取りにどこかデジャブを感じると思ったら、阿良々木暦と戦場ヶ原ひたぎのそれでした。


以下、川崎悠さんへの個人的な私信メモみたいなもの。
…の続きを読む
未分類 | コメント:2 | トラックバック:0 |

3期希望

桐生「そうか伊波さんは小鳥遊君のことが好きなのか。恋する伊波さん可愛いなぁ!!」

ちょ、山田桐生お前何という俺…と吹いてしまった「WORKING'!!」12話。
1期に続き、2期も十二分に楽しませてもらっています。
原作だと「ウザいなあ…でも泉姉さんと並ぶ小鳥遊×伊波のキーキャラだしなー」としか感じていなかった桐生に、アニメ版だと「こいつはこいつで結構面白いなー」と妙な愛着がわいてしまったり。
噛ま…もとい恋敵かと思いきや、「小鳥遊君に恋する」伊波さんに萌えてニヤニヤしてしまうカプ厨だったという桐生君でした。まぁ痴漢紛いだけど。


原作はもっぱら小鳥遊×伊波をメインに楽しんでいたのに、アニメをきっかけに山田は可愛いわ、梢姉さんやなずなは面白いわ、相馬さんは胡散臭いけど憎めないわ、そして何より佐藤×八千代にぐっと萌えてしまうわ、色々な楽しみ方ができて世界が広がった感じがします。
これがメディアの違いというものなのでしょうか。
あ、でもやっぱりキャラ同士の掛け合いは原作が上手いです。アニメは色々端折ってるのはしょうがないか……。

そういえば神のみと超電磁砲の新刊が出たようなので、今度ワーキングのBDと一緒に秋葉で買ってこよう。
神のみは原作だと引っ込み思案でマイペースな天理の背中を押しながら神にーさまにヤキモキするディアナが好きです。どことなく山田桐生君と立ち位置が似てなくもないような。

栞は…花澤さんが演じるキャラには妙なジンクスがあるんだよな…シュタゲのまゆしぃ、俺妹の黒猫、囮物語の撫子、神様ドォルズのまひる…。
主人公とは、恋愛フラグが折れてしまうというジンクスが。
エンディングが……まだ見えない!

ごめんなさい、ちょっとあの人を煽りすぎました。
いやでも、もし栞大勝利ルート突入だったらそれはそれで見てみたいのは本当です。
そういえば、エルシィのメインヒロイン(笑)&妹属性や天理の幼馴染属性は最近じゃ割と負けフラグ扱いだしなあ……かのんのアイドル属性は??



以下、澪IFについてのどうでもいいメモ。
3期希望…の続きを読む
アニメ雑記 | コメント:2 | トラックバック:0 |

満身創痍

先々週は臨時で土曜出勤、先週は既定の第2土曜出勤、そして今週は…

上司「今週の土曜、出れない?」(残業一時間を終えて帰宅間際に)


もう勘弁してくれぇ~!!


「虚崩し編」の新作パートをやる時間がない~(泣)
雑記 | コメント:2 | トラックバック:0 |

君届の龍はカッコいいよね

爽やかな風早くんも超イケメンだけど、私は寡黙な真田くんのほうがカッコいいと思うんだ。
――という前置きをしたのは、先日思いがけず「圭一は梨花に一途であってほしい」とお互いのブログをまたいだ議論になってしまったので。
「俺、千鶴一筋だから」と言う龍には男ながら見惚れてしまいましたよ。あの中村悠一さんのイケメンボイスだし。

でまぁ、本題。
前原圭一を誰か一人の女性に一途にさせるのって、実はすごく難しいことなんじゃないかと思うんですよ。
ぶっちゃけ、梨花ちゃんを圭一にベタ惚れにするルートを構築するより100倍難しい。
レナや魅音はおろか、もしかしたら川崎さんご執心の詩ぃちゃんの方がまだやりやすいとすら言えます。
圭一が特定の誰かに惚れることへの違和感。
誰に対しても仲間として振舞うくらいがやっぱり圭一なんですよね。その一線を越えてしまうと、それはもはや圭一ではないというのは言い過ぎだとしても、そのヒロインを気に入っている(二次創)作者自身が投影されてしまっているのではないかという疑念。

でも、それでも圭一が梨花にベタ惚れになる世界を作らないといけないのならば。
梨花が圭一を惚れさせるしかない。
運命を捻じ曲げてしまったのは、圭一ではなく梨花なのです。
主人公梨花は、ヒロイン圭一を攻略しなければいけません。

賽潰し編より
 瞬時に乏しい知識をフル回転させた俺は、腕の中で微笑む梨花と―――唇を重ねた。\
 唇を重ねていたのは、ごく短い間だった。

1.恥ずかしい、とりあえず圭一の胸に顔を埋めよう
2.ここは一気に舌を絡めてディープキス! そのまま押し倒せ!


 つまり――――圭一も東京へ行くというのか? 一週間以上も!?

1.一週間かそこらくらいなら大丈夫、と精一杯気丈に振舞う
2.だめだめやだやだ、どんなことをしてでも圭一を引きとめる!


もしも梨花ちゃんが1を選んでいたら、どうなっていたのでしょうか?
二次創作 | コメント:0 | トラックバック:0 |

原作者風に

ひぐらしオリスク「虚崩し編作者の」川崎悠さんから澪IFの感想をいただいたので、ここで感想に絡めた暴露話を。


>梨花ちゃんとディープキスキタコレ!おっ持ち帰りぃ!!><
梨花ちゃんディープキスのパクリ元もとい元ネタは、オリスク「君恋し編」です。DS版付属のドラマCDではありませんのであしからず。興味のある方は「雛見沢村古手神社内寄合所」にて。

>あれ、梨花ちゃんって圭一と三歳しか違わないんだ?
小5・小4説もある梨花ちゃんを小6設定にするのは即決でしたが、圭一を中学生か高校生にするかはかなり迷いました。
PS2版準拠といいながらPS2版準拠にしていない設定のひとつ。

>梨花に一途であって欲しい。
圭一は一途ですよ。梨花に隠れてとあるキャラと逢引はしますけどね。


>梨花を選んだ圭一!
まぁ私も、元々はそのつもりで書いたんですけどね。「梨花ルート(エンド)」と。

>こっから梨花を振るとかナシっすよ?
実は、そういう終わり方にしようと考えたことはあります。お互い、甘えと依存から脱却してそれぞれの道を歩みだす、という感じで。
悲しくも前向きなトゥルーエンドを描ききるだけの力量があればよかったんですが。


二次創作 | コメント:2 | トラックバック:0 |
| HOME |


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。