夢の欠片、その在処は

舞鶴鎮守府で提督やってます

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

刀語 第11話

ありゃーとがめさん死んじゃったかー(AA略

ぶっちゃけ、とがめが撃たれるというネタバレ自体はかなり以前に知っていましたけれど。
ここからどう展開して完結するのかは、来月までの楽しみにしておきます。

旅の終わりは、すべての終わり――「この刀集めの旅が終わったら~」などとあからさまに死亡フラグっぽい会話をこれでもかとやっていれば、否応なくそういう展開が迫っているのだと妙に冷静に感じてしまいます。
まぁ西尾さんの場合、第1話の「勘違いするなよ、あんたのためなんだからな」みたく、テンプレ的言い回しや展開を弄ぶ癖があるようなので、どうなることやら。

まにわに12頭領の蝙蝠曰く、かつてのとがめはすべてが計算ずくで腹黒どころか腹の中が腐った人物だったらしいですけれど、ほぼ日本一周に近い七花との旅が、彼女を変えていったのでしょう。

最近、原作を流し読みして、実は七花ととがめのやり取りの多くがアニメ版で追加修正されたものだと知って驚きました。特に、第9話の王刀編でとがめが汽口慙愧に激しく嫉妬する演出は8割近くアニメ版の追加だったことに愕然。
「化物語」は「原作遵守」を掲げていたのに対して、「刀語」は割と大胆に原作を改変していたようです。
どちらが正しいかはともかく、原作者の西尾さんはインタビューで「原作通りにする必要はない」と発言していたあたり、少なくとも原作者にとっては後者の方が望ましいアニメ化の形だったのかもしれません。
まぁソフト売り上げでは化各巻7~8万枚・刀各巻5~6千枚という残酷なまでの結果も出ていますが。
ただ、改変追加の効果もあって、この終盤においてとがめと七花の絆は、かなり良い感じに仕上がったと感じています。純粋に本編の描写だけで私がここまで萌えたカップリングはそうそういません。

そしてまにわにこと真庭忍軍完全終了のお知らせ。
12頭領で一番幼い外見の人鳥(ペンギン)が、一番惨たらしく殺されるのはあまりにも無情。そして四季崎記紀に身体を乗っ取られた鳳凰自身の手で里は全滅し、その鳳凰も結局は七花にあっさり倒されるのがさらに無情。
ここに12頭領全員が噛ませ犬としての役割を全うしたであった、合掌。
スポンサーサイト
アニメ雑記 | コメント:0 | トラックバック:0 |

2010年秋季アニメ出走馬

・「俺の妹がこんなに可愛いわけがない」
原作は未読。漫画「とある科学の超電磁砲」の単行本特典「偽典超電磁砲」に寄稿された短編も何となく放置したままでした。
リアル妹がいる身としては色々思うところがある題材ですが、妹より6話で出た幼馴染キャラの方が可愛かったなぁ。

このアニメ、「私の兄がこんなにカッコいいわけがない」の間違いでは?

・「そらのおとしものf(フォルテ)」
リアル妹とエロゲはやりませんが、なぜかこういうバカエロアニメは一緒に見てしまったりします。
2期でわかって驚いたのは、この主人公は女子にはひどく嫌われているが(当たり前)、男子にはかなり人望があったりすること。てっきり遠い目で見られていたのだとばかり。

・「神のみぞ知るセカイ」
今期のダークホース?
最初は「オタメガ」のあまりの言動に面食らったんですが、次第に「神にーさま」面白いなあとじわじわ。下野さんは「ヨスガノソラ」主人公よりこういうキャラによく合ってます。
主人公を気に入るアニメは、私的には大抵アタリ。
(2話を録画失敗したのが悔やまれる……。)
「リアル(現実)なんてクソゲー」は何気に至言かもしれないと思う今日この頃。
「セーブロード不可、バックログなし、ファーストプレイのみ。ボタンも押してないのに勝手に進行してしまう。プレイヤーの都合をまったく考慮しない鈍感な展開」なんてどんだけ無理ゲーなんだよ。

・「それでも町は廻っている」
シャフトアニメその1。歩鳥の声が方々で賛否両論(アメトーークエヴァ編風に言えば、否の方が多い)です。
私もまぁ……好きとはいえないですかねぇ。
杉田さんが演じてる先生の話が面白かったので継続したけれど、噂じゃもう出番はそんなにないらしい。

・「荒川アンダーザブリッジ」
シャフトアニメその2。どちらかというと小見川さんはこのアニメのキャラの方が耳障りになっている感はあります。「生徒会役員共」の役柄もアレだったけれど、小林ゆう画伯はいったいどこへ向かおうとしているのか……。

ところで埼玉はアマゾンだったのですか?

・「ヨスガノソラ」
1話見たら何かよさげな雰囲気のノスタルジック萌えアニメだと思ったら、ガチで真性のエロ紳士アニメだったでござるの巻。
本編ヒロインよりCパートのメイド乃木坂さんの方が好き。
なので乃木坂さんを攻略したくなって「うたわれるもの」以来となる18禁PCゲーム購入(!)。

あぁそういえば、これは「俺妹」以上にリアル妹がいる人間にはドキツイ作品だそうで。

・「とある魔術の禁書目録Ⅱ」
原作新刊ですっかり一方通行(通行止め)派になったので、妹達編カットにより出演できなかった「超電磁砲」の分まで一方さんと打ち止めの活躍が終盤でみたいものです。
あとは大覇星祭での上条・御坂一家顔合わせが楽しみ。で、御坂美鈴(美琴母)は誰が演じるのか?
私的に有力候補だった大原さん(テレスティーナ)と生天目さん(寮監)の目が「超電磁砲」で消えたので、「神のみ」でよく似たキャラを演じていた柚木さんと予想。


・「侵略!イカ娘」
某禁書目録さんとそっくりだと噂のイカ娘さん。ギャグアニメなのに笑うというより和むのが不思議。ある意味今期一番の萌えアニメかもしれない。

・「アマガミSS」
夏季よりの2クール目継続。ついつい原作ゲーム買っちゃったよその2。もちろんモジャコこと棚町さん攻略のためにです。
今のところ、ヒロインのランキングは――
1 棚町薫
モジャ子かわいいよモジャ子。世間的にはアニメ版で一番振るわなかったヒロインっぽいけれど…。
2 絢辻詞
漫画版2巻の絢辻さんはマジヤバかったです。
こういうヒロインもときどきハマってしまう。「ひぐらしのなく頃に」古手梨花→「とらドラ!」川嶋亜美→「放課後プレイ」彼女さん→「化物語」戦場ヶ原ひたぎ→「刀語」とがめの系譜
3 中多紗江
アニメ版の出来が一番良かったヒロインかもしれないです。
桜井梨穂子
梨穂子はかわいいなぁ。
でも新谷さんボイスで私の下の名前を連呼されると悶絶しそうになります。
4 七咲逢
原作じゃ人気ナンバーワンですけど、アニメ版の描き方では駆け足すぎたきらいはありました。
5 森島はるか
ラブリー先輩はぶっ飛びすぎて付いていけませんでした…ウチの妹は森島先輩イチオシでしたが。
アニメ雑記 | コメント:0 | トラックバック:0 |
| HOME |


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。