夢の欠片、その在処は

舞鶴鎮守府で提督やってます

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

刀語

なんという日本昔話風アニメ。
会話の内容が西尾維新節全開でなければ、NHK教育の夕方6~7時ごろに放送されていてもおかしくないような…。
キャラクターデザインに関してはネット上で賛否が分かれているようですが、私的は十分OKな感じです。

なにより久々に、田村ゆかり嬢の威勢(というより虚勢)のいい声キャラに萌えた(笑)
この人はロリ声や魔女声よりこういうとがめみたいな役どころが一番いいと思うのですが。
金や名誉がアテにならないなら愛だとばかりに惚れさせようとしたら自分がホの字になってしまったでござるの巻。
現時点では奇策士とは口先だけのおつむが残念な娘にしか見えませんが、次回以降数々の奇策を見せてくれると期待しておきましょう。(ウィキペディアによると奇策士としての能力は嘘っぱちじゃないようですので)


敵として登場した真庭蝙蝠の三下噛ませ臭さが面白かった。いい加減喋ってないで戦えよご両人というツッコミは多分しちゃいけないんでしょうね。
と、喋りすぎなバトルアクションはちょっと物足りない感じでした。まあ化物語からして西尾作品の見どころは登場人物の掛け合いにあるんだろうとも思いましたけれど。


それにしても、「尾張」幕府というネーミングはある意味ひどいと思う。
スポンサーサイト
アニメ雑記 | コメント:0 | トラックバック:0 |
| HOME |


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。