夢の欠片、その在処は

舞鶴鎮守府で提督やってます

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

やっぱり竜ちゃんはどこまで行っても竜ちゃんだな

うみねこep6本編読了(かなり駆け足ですが)。


明日にはお茶会と????を読了する予定。


余談。
3日の午前中にとあるドラマの再放送を流し見していたら、殺人の実行犯である弟は、実は兄の解離性同一性障害――多重人格が生み出した幻想、兄の中にしか存在しないとかなんとかのオチな話をやっていました。
兄弟は幼少期から父から虐待を受けていて、やがて弟はその父を殺して自殺、その死を受け入れることができなかった兄は、自分の中に死んだ弟を作り出すことによって心の安定を取り戻そうとしたという。
虐待がキーであることといい、兄ひとりでさも弟が存在しているかのような光景が作り出されることといい、うみねこプレイの最中にこれを見かけたのは果たしてただの偶然か。

まぁ少なくとも、六軒島症候群などとでっち上げなくても、多重人格でいもしないニンゲンをさもいるように見せることは可能であると。どうも紗音・嘉音(であるのはミスリードで、実は他の組み合わせ?)がこれに近いオチの可能性が濃厚になってきましたし。

もうひとつおまけに余談。
たぶん、私が最も苦手なタイプのキャラクターが、古戸ヱリカ。
スポンサーサイト
雑記 | コメント:0 | トラックバック:0 |
| HOME |


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。