夢の欠片、その在処は

舞鶴鎮守府で提督やってます

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

続・「頭首」と「当主」

先日、「ひぐらしのなく頃に」に登場する雛見沢御三家「当主/頭首」の表記が各メディア媒体で食い違っている、という記事を書いたのですが、ここへきて思わぬ展開が。


原作内でも食い違っていました。


最近、久しぶりに原作の「綿流し編」を小説版とセットで読み返していたら、表記が「当主」になっていることが判明。
気になってテキスト検索で調べてみたら、まず最初の鬼隠し編にはそもそも御三家の「当主/頭首」の表記そのものがひとつもなく、次いで綿流し編では「当主」、その次の祟殺し編以降から「頭首」になっていました。

こうしてみると、鬼隠し編や綿流し編は、まだ設定が固まりきっていない頃に作られた作品なのかもしれないと思えてきました。
ちなみに、テキストファイルを検索してみたら、「古手神社の伝承」なる没tipsらしきものを発見。
「弥都波能雛女神(みづはのひなのめのかみ)」って、もしかしたらあのシュークリーム萌え神の原型なのでしょうか…?



それにしても、うみねこのepよりひぐらし綿流し編の方が読み返して面白いってどういうことだよ…。
確かに前者の方がはるかにいろいろな面で進歩しているのは確かなんだけれど、何だか、一番肝心で大切なものがひどく劣化しているような気がしてならない。

ちなみに、最近になって読み返したのは、化や狼にどっぷりはまりすぎていたことからのリハビリのようなものです。
スポンサーサイト
雑記 | コメント:2 | トラックバック:0 |

こっちは鉄板だしなあ…

いかん、「狼と香辛料」の賢狼ホロと商人ロレンスのやり取りがツボすぎる。

最終話で轟沈した某作品のアレと違って、鉄板すぎるくらい鉄板なコンビだから尚更ニヤニヤが止まらない(笑)

くどいくらいいちいち芝居がかった、そして出し抜き出し抜かれる会話が大好きです。
アニメ雑記 | コメント:0 | トラックバック:0 |

好事魔多し

「化物語」
千石撫子OPに、おおっまたやってくれたなーと喜んだのも束の間。
阿良々木くんが蛇と戦うシーンが、「黒齣」や「赤齣」だらけの意味不明な映像に。止め絵にしても、切り替えのテンポがおかしい部分がちらほら。尺が足りない(原作の分量がほぼ同じ「まよいマイマイ」が3話なのに対して、「なでこスネイク」は2話)のに、これまでのようにEDにエピローグを食い込ませることもなく。(そもそもエピローグがなかった)
これは…やっちまったかなぁシャフト。某巨大掲示板は大荒れの模様です。
シャフトさん頼んます、ネット配信分はしばらく先でもいいからあと2話、がんばって! がんばってください!

「狼と香辛料Ⅱ」
エーブと密談を重ねた挙句、寝床でひどくうなされ汗びっしょりで飛び起きたロレンスにホロが差し出したのは、自分の毛だらけな布。
「わっちの匂いをつけておかんとな」
うわぁww
ホロを質草に大きな商戦をしかけようという話に逡巡するロレンスに、「何を守りに入っておる?」「わっちはぬしの相棒じゃないのかや? それとも愛玩用の小娘だとでも?」と苛立ちつつ煽り立てるホロ。

このバカップル、最高すぎるw
アニメ雑記 | コメント:0 | トラックバック:0 |

ジャンクだー!

「CANAAN」
リャン・チーさんの狂いっぷりがマジパネェっす。先週も愛する(ヤバイ意味で)アルファルド姉様から撃たれたら、ヘリの操縦席でアレな叫び声をあげたかと思えば、今週はハッコー相手に「おばかさぁん」「愛を語るなんて一万年と二千年早い」とケタケタ笑いで罵る始末。完全にイッちゃってるなぁこの人(笑)
演じる田中理恵さんは、先週「ハヤテのごとく!!」で「ピッチピチのじゅうななさいなんですからね×3」と必死に力説してたりもして、あぁそういえばかつて「とらドラ!」の独神先生もやって…なんというネタキャラ職人声優なんだと感嘆の極みです。

「おばかさぁん」は…たぶん、あの人気キャラのネタなんでしょうね。演じた本人に言わせるとは。
ちなみに、その人気キャラ――水銀燈といえばこの田中理恵さんですが、初期に出たドラマCDだと、奇しくも(今回「おばかさぁん」と言い放った相手のハッコーを演じた)能登麻美子さんが起用されていたという妙な因縁も。
以前知り合いにすごい熱心な水銀党員がいたけど、その人はとても忙しいからたぶん「KANAAN」は見てないだろうな…というかむしろ熱心な「銀様」ファンはこういうパロディを喜ばないんじゃないかと思ったり。

ところで、このアニメはドSリャン・チーとドMカミングスが面白くて見てたのに、どうやら来週でカミングスはお亡くなりになりそうな予告でした。先週はアルファルドのエアガンコントで生き延びたというのに…。

追記・拍手コメント返信です

ジャンクだー!…の続きを読む
アニメ雑記 | コメント:0 | トラックバック:0 |

だめだ

「化物語」 なでこスネイク

あ…ありのまま、今起こった事を話すぜ!
「神原駿河があららぎさんとまんざらでもなさそうに腕を絡めて歩いていたかと思ったら、いつの間にか千石撫子があららぎさんの部屋で上半身裸のブルマ一丁涙目姿になっていた」
な…何を言ってるのかわからねーと思うがおれも何をされたのかわからなかった…頭がどうにかなりそうだった…児童ポルノ法改正問題だとかアグネスだとかそんなチャチなもんじゃあ断じてねえ。もっと恐ろしいものの片鱗を味わったぜ…

シャフト自重しろww
未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 |

気が早いけど

「化物語」
まよいマイマイとするがモンキーが終了。
アニメ初見ではこれで十分かな、と思いますが、原作を読むとかなり切り詰めているんだなとなってしまうのが、小説原作の難しいところ。
色を変えたり腸をリアルに描かないことでぼかしてはいましたが、いくらあららぎ君に驚異的な再生能力があるからって、グロいにもほどがあるバトルシーンでした。バトルシーンのかなりの部分を文字演出で隠していたのは、規制かはたまた動画制作リソース節約か。
ガハラさんと賢狼ホロが今期のお気に入りヒロインかな。

余談ですが、「化物語」の後に「夏目友人帳」を見返したら、「あぁ普通のアニメってこうなんだよな」と我に返りました。

「懺・さよなら絶望先生」
Aパートで旧作のおめでとうエンド、Cパートで新劇冒頭の赤い波打ち際とか、シャフトはどんだけエヴァ(ヱヴァ)が好きなんだ(笑)。
ある意味本編より気になるのは、「絶望先生絵かき歌」のトリは誰になるのか。絶望先生と普通のSZBHコンビが現時点で鉄板、対抗は久米田先生と前田君の作者アシスタントコンビといったところ。

「宙のまにまに」
江戸川は完全にネタキャラだな、毎回無茶しやがって…だがそれがいい。
沢城さんは不法入国少女、BL好きのガチレズ少女、芸術科の暴走生徒、狂感覚のクールな女戦士に、今度は天文部部長ですか。何か地震アニメとか暗殺者アニメとかにも出ているらしいし。2009年は沢城さんと堀江さんの使われっぷりが半端ないですね。

毎回吐血していた部長に、どうやらフラグが立った模様です。

「涼宮ハルヒの溜息」
「朝比奈ミクルの冒険エピソード00」のメイキング話。原作はともかく、アニメはみくるに鼻の下を伸ばしまくるキョンにハルヒが内心でイラついて、それが酷いみくるいびりにつながっている路線が濃厚ですね。次回はついにキョンがハルヒに…の予定ですが果たして。


ちょっと気が早いですが、来期の話。
今のところ、新規で見る予定なのは「夏のあらし!」と「超電磁砲」、能登坂もとい「乃木坂春香の秘密」ぐらいかなぁ。「生徒会の一存」は様子見。
正直、今期は多すぎました。化、絶望、まにまに、狼、ハヤテ、ハルヒ、GA、カナン、野球娘、ヴァルキュリア、パンドラ、鋼、咲、うみねこ…軽く10本超えとか。これでもかなりバッサリ切ったのに、です。
幸か不幸か、このうちの大半が9月で終わる見込みなので、秋は少なめにしたいです。


何だかんだで、ここ半年あまり見るアニメが多すぎたのが、ひぐらし二次創作を放り投げていた一因だったり(言い訳)。
とりあえず、完結編前半のメインは彼岸とお月見の話(以前書いたSSの改訂版)なので、9月中には改めてお披露目する予定。
完結編後半は、4~6月の話の予定。SSで書いた赤坂がらみの話を全面的に書き直し、「帰ってきた羽入(仮題)」は、澪尽し編アフターとは何だったのか、の解答になります。予め言っておくと、かなり詐欺じみた「解答」です。
あえて一言でいうなら、策士策に溺れる。
アニメ雑記 | コメント:0 | トラックバック:0 |
| HOME |


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。