夢の欠片、その在処は

舞鶴鎮守府で提督やってます

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

エンドレスエイト7回目確定

うとうとして目が覚めたら1時30分を回っていて、慌てて手元のワンセグで視聴しました。
冒頭5分くらい見落としましたが、うん……後でTVの録画を見ようと思うに足らない話でした。

何というか…

もう知らん、どうにでもなれだ

現状での感想として、これほど相応しい言葉はないと思います。

聞くところによると、これは「長門の気持ちを察してあげてほしい」という意図があるとかないとか。
確かにそれはある程度(いや十分に?)達せられているかもしれません。
しかし、それ以上に、キョンのこの投げやりっぷりこそが、今の視聴者の姿ではないのかと思えてなりません。
どうせまた繰り返すなら、エンドレスエイトなぞ見ても意味ないしな。(※作中では「宿題なぞやっても」)

こうなってしまうんじゃないかと思えてなりません。

それでも、制作側には、この現状を賞賛へと持っていく目算でもあるんでしょうかね…原作のあのオチ、ここまで引っ張った挙句にあれを持ってきてむしろ大丈夫なのかという感じなんですけど。

ちなみに、某巨大掲示板では、この「自爆」でハルヒが京都アニメーションの評判共々失墜し、代わって、化物語の評価が急騰するという、風が吹けば桶屋が儲かる的な事態になっているようです。
夏のあらし!が、案の定DVDのセールスがかな~り悲惨なこと(月詠以降のシャフト歴代作品の中でワーストっぽいです)になってしまっただけに、化物語でその失地回復ができるか否か。

スポンサーサイト
アニメ雑記 | コメント:2 | トラックバック:0 |

結局絞れませんでした、どころか

今期こそはアニメの本数を絞ろうと思っていたのですが、厳しいですね。

それどころか、当初は見る予定がない作品まで…。

当初は、シャフトの絶望化物コンビのツートップかと思いきや、ダークホースとして「宙のまにまに」と「狼と香辛料」が乱入してきました。事前チェックのあまりのヌケ策っぷりときたら、後者は慌てて1期全話を見返した体たらくです。これが噂に聞く「わっち」か~。
ロレンスとホロの関係が私の趣味ストライクど真ん中すぎ。何でこんなオイシイ作品を見逃していたのかとまた自分を責めたくなりました。

ちなみにどうでもいいことですが、私は最近の萌えアニメ的百合がどうも苦手です。

というか、最近のアニメ(いわゆる「腐向け」を除いて)は女尊男卑というか男なんていなければいいのに傾向が露骨な作品が多くて困ります。
妹とのヲタトークで、「腐女子人気作品(必ずしもあからさまなBLばかりとは限らない)全盛、つまりはお前らの時代がくるよ」と約10年前から予測していた私ですが、よもやそれと同時進行で百合(というより男絡み排除)作品が全盛になるとは予測できなかったです。

あと、地上波でまともに映せないようなエロアニメは勘弁してください。

エンドレス状態が続いて、6話目に突入したハルヒは…まぁ切るつもりとかは毛頭ないんですけど、個人的にはシャフトの前衛的演出を見るときよりも冷めた気分になります。
エンドレスエイト自体の出来というより、何というか……笹の葉ラプソディサプライズ放映の件といい、ネットで騒然になることを計算しているような行為に走っているのがどうにも寒い。
京都アニメーションって、真面目で堅実な仕事をする制作会社だと思っていたんですけどね…。1期は「ネットで人気が浸透してヒットした」という自負のようなものに囚われすぎているような気がしてなりません。
予告を一切流さないとか、そのくせ某掲示板などでリークをして(それをスレ紹介ブログがコピペして)
……なんて、そんなネット小細工しなくても、京都アニメーションのアニメなら、普通に作って普通に放映すれば十二分に評価される(一部例外もありますが…)のに。
私も好きといえば好きですが、このままじゃ、「~の消失」を待望している人達があまりにも不憫ですよ。
ここまで放映回数を割くなら、せめて盆踊りや金魚すくいや風船配りバイトが起きないケースとかもやって、もっとバリエーションをつけるべきだったと思います。
「長門の気持ちを共有させようとしている」説もありますが、エラーを起こした長門が観測対象(団長)を消滅させようとする→エラーを起こした視聴者が視聴対象(ハルヒ)を見切ろうとする、にならなきゃいいですけど。
雑記 | コメント:0 | トラックバック:0 |

ヱヴァ:破サントラ

どうも各所で品薄状態になっているらしい、
「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破 オリジナルサウンドトラック」
を買ってきました。

私は、サウンドトラックに関しては、劇中でいかに使われているかに重きを置いているので、フルサイズよりも劇中使用サイズに編集されたものが大好きです。
(余談ですが、かつてのエヴァ旧劇場版「Air/まごころを、君に」の場合、サントラと微妙に音質の違う劇中音源にこだわりすぎて、手持ちのリニューアルDVD版から好きな楽曲が使われている部分の音声を抜き出したほど)
そんな私にとって、劇中使用バージョンで収録されたこのサントラは、サントラの理想形。もちろん、特装版ディスク2に収録された豪華なロングバージョンも良いんですけどね。

以下、若干の映画ネタバレ含みます。
ヱヴァ:破サントラ…の続きを読む
雑記 | コメント:0 | トラックバック:0 |

破壊されたエヴァ

「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破」を見てきました。

まずは一言。
これだから俺はエヴァ(ヱヴァ)は卒業できないんだよ!(笑)

以下、ネタバレしまくりの感想です。
破壊されたエヴァ…の続きを読む
アニメ雑記 | コメント:0 | トラックバック:0 |
| HOME |


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。