夢の欠片、その在処は

舞鶴鎮守府で提督やってます

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

狂詩曲

“改めて、放送中”の「涼宮ハルヒの憂鬱」
ついに、かねてより噂になっていた「新作エピソード」が放映されました。

放映されたのは、「笹の葉ラプソディ」という、短編原作の話。
「憂鬱Ⅰ」で張られていた、「初対面間もないハルヒがキョンの顔に見覚えがある発言」「3年前、中学校の校庭に派手で意味不明な落書きをされる事件があった」などの伏線が回収される話であり、
同時に、この後のエピソードの伏線でもある話です。
このイベントをこなしておかないと、「『消失』が(キョンにとっての)バッドエンドになってしまう」わけです。
そもそも、ハルヒがSOS団を結成するのはここでのエピソードが要因なので、この話がないと「『憂鬱』以降の全エピソードも起こりえない」というくらいの話なわけですが。

原作ファンやスタッフの団長代理氏も、「『涼宮ハルヒの消失』やるなら『笹の葉ラプソディ』は必須」ってのが口癖でしたから、まぁこれは、「憂鬱」と並ぶ(現時点での)最高傑作と目される「消失」アニメ化のフラグは立った、ということで確定だと思います。
「消失」は以前原作を読んだ時に好きだった作品なので楽しみです。


しっかし、久々の新作を見て思ったのが、
キョンは杉田智和氏しかありえない、つくづく一人語りがハマリ役だなぁと。無論、この点については世間で好き嫌いが分かれるでしょうが。
基本的に一人称形式の原作を、ここまで映像で(ダレることなく)再現するのはアニメスタッフ共々さすがとしか言いようがありません。「ヘイ相対性理論はどうなったんだユウ」ツッコミには吹きました。
(……それに引きかえ、同じ一人称文章形式主体の原作だった「ひぐらし」アニメは、一人称文章を変換するモノローグの扱いがぞんざいに過ぎたと悔やまれます。比較的尺に余裕のあった賽殺し編でも、お世辞にもうまいとは言いがたかったです)

今回のシリーズは、既存エピソードと新作エピソードを時系列順に再構成する形式ということなので、
次回の新作は、「ミステリックサイン」と「孤島症候群」の後に、「エンドレスエイト」もしくは「涼宮ハルヒの溜息」が放映されると予測されます。
構成上オープニングテーマは流れず、エンディングテーマが新作(一部の人達にとっては残念なことに、「ダンス」はなし)でしたが、次の新作ではOPも……?
(やるとしたら「エンドレスエイト」でもOPは省略され、「溜息」で新OPお披露目だと予想していますけど)

余談ですが、私は以前から知り合いに、「涼宮ハルヒシリーズは“普通に”面白い」と公言しています。
ちょっと過剰に持ち上げられ過ぎているかなあ、そこまで馬鹿騒ぎする中毒になるほどではないという反面、良い意味で堅実な作りをした、見たくなる面白さは確かにある作品だと思っています。
「笹の葉~」を見ていて、その点は改めて実感しました。
スポンサーサイト
アニメ雑記 | コメント:0 | トラックバック:0 |

ひデポ

「ひぐらしデイブレイクポータブル」
先日、咎人さんにお会いしたとき、その席上で少しだけ貸してもらいました。(携帯ゲーム機とはいえ、PSPごと持ち歩いていて、さくっと取り出したのにはちょっと驚きでした)
相変わらず、というかなんというか、この作品ってどのメディア媒体も主題歌に関して(だけ)は大ハズレがないんだなあと感心しました。
ひぐらし原作ファン界隈では、すっかり悪の錬金術師扱いと化しているらしいこの会社も、OP映像(だけ)は無駄に力が入っているんですよねえ(ぉ
でも、ところどころ吹きだしてしまう映像演出もありましたけど…。
(余談ですが、「鋼の錬金術師2期」は1期との区別の為か、タイトルコールでいちいち「フルメタル・アルケミスト」とつけるのは少々鬱陶しいような)
時間の都合もあり、体験したのはOPと羽入を操作してのフリー対戦一回だけでしたが、まぁそこまでひどいとは思わなかったです。
ただ、合間合間のロード時間が異様に長いのはどうにかならんのか、とイラつくくらい異常なストレスが溜まる仕様な点は、評価低くなりますね。
PS2の「テイルズ・オブ・ジ・アビス」で、ロード時間が長いという非難は多かった(「その間に一服できる」などと揶揄されるくらい)のを思い出してしまいました。

絵柄については個人の好き嫌いでしょうが、まぁ元々原作の絵がデフォルメチックなところがあったので、低頭身化との親和性はもともとあったような気がした、とだけ。


閑話休題。
以前に書いた通り、私はネタパロディが好きなタチの人間ですが、本編では極力そういうのは止めよう、と今は考えています。本編では真面目にやる代わりに、その分、ふざける機会も別に設けようという意図もあります。番外編は書いていて楽しいのも事実。
ある意味、ひデブベースの話は、原作本編の理屈抜きで「悪人鷹野がわかりやすくぶっ飛ばされる話」を書ける機会でもありますから。
まぁラスボス(黒幕)は鷹野じゃないという構図は原作本編とあまり変わらなかったりもしますが。
あの男が敵になったり、御三家同士やソウルブラザーの内部抗争が勃発したり、葛西がマダオになったり(?)、羽入がみのりん化したり…。


ひデポ…の続きを読む
雑記 | コメント:0 | トラックバック:0 |

アニメ諸々

昨日の記事は、精神的にちょっとアレな状態で書きなぐったので、推敲とかからっきしですけど、あえて修正とかはしません。
あんな駄文を書いたこともまたひとつの記録なので。

アニメ雑記
「鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST」
世間的には声優のこととか、省略して急ぎがちな展開のシリーズ構成とか、1期と何かと比較されて評判芳しくないようですけど、私は楽しんでいます。
三木大佐も折笠中尉もめぐみさんだけど豊口さんじゃないウィンリィも違和感はないし、絵柄や演出やシナリオが、全体的に重い空気の作りだった1期より軽い漫画チックになっている2期の空気も個人的には好感持っています。
強いて言えばOPがイマイチ空気嫁な感がなくもないですが。

このペースだと、ヒューズさんが准将になる日は近そう……泣かせ演出を凝りに凝った1期とどう張り合うのか、さしあたってあのエピソードだけは気がかりです。
そういえば、ヒューズさんが准将に昇進しまうあの「出来事」のときにあった伏線が、原作ではついに回収されたので、きっと2期では准将昇進の「真相」が解かれることでしょう。(というか実は1話のアニメオリジナル展開で軽く触れていたのでビビりました)


「夏目友人帳」(再)
露神や時雨、燕のエピソードとか、信仰してくれなくなったり、閉じ込められたり、親に捨てられる原因になったりもするけど、人間もそう捨てたもんじゃないよ、な話はやっぱりいいですねえ。
先日話したとき、咎さんには「こういう作品は飽きそう」っていわれてしまいましたが。
まぁ基本的にはフォーマットが決まっていて、ラノベや萌えアニメ的なキャラクターが出るわけでもなく、緩急の激しい展開とかあるわけでもない単調さなので、そういう感想も正しいとは思います。
私は1期終盤→2期→1期前半の順で見ていますけど、1期はより「いい話だなぁ泣ける」的趣向重視の構成だったかな、って気はしました。

でも、5話に登場した、さんとのキャラは正直ちょっとイラっとしたかも(笑)

「けいおん!」
ある意味、「夏目」とそっくりで、しかしまるっきり正反対な作品。
最初は正直つまらなくて見るのをやめようかと思う空気でしたが、何だかんだで凧は空に上がったな、そう言う感じです。
声を枯らしてガラガラになったネタを翌週に引っ張って、「裸になって何がわるい」な某SMAPメンバーが「ぷっすま」でやっていたのをほうふつとさせる相撲取りのモノ真似をしていた唯の声優さんは、この作品を機に仕事が増えるかもしれない。
レギュラー陣が、(律の声優さんが「地獄少女三鼎」のゆずきだった点くらいしか)これまで縁のなかった顔ぶれってのが新鮮といえば新鮮です。

でも、澪を好きになったら負けかな、って思ってしまうくらいプッシュしちゃうのは正直どうかと。

「戦国BASARA」

細けえことはいいんだよ!!(AA略

とにかくこの一言に尽きるかな、と。そう割り切れて楽しめる作品も、ある意味貴重です。
ぶっ飛びつつも一応(違)真面目なストーリーがあるという点では、某07thエクスパンション作品と毛並みが似ているのかもしれない。(もっとも、あちらの方はむしろツッコミたくなっちゃう困った面があるけど)

BASARAファンの篝さんには常々話しているけど、今のところあからさまにラスボス扱いの若本第六天魔王は噛ませで、明智光秀が野村的真・黒幕となりそうに思えてならない。史実でも信長に引導渡した人だし。(秀吉や竹中半兵衛がまだ登場していない、というのも気がかりですけど)

「夏のあらし!」
大体どういう方向性かはわかってきた感じ。戦時中にタイムリープしてあれこれ…というのは見ずにいられないので見ます。
空襲の演出とかは、やっぱりシャフトだな、と思う色彩。
私は昭和を7年程度しか生きていないけど、挿入歌とか昭和の歌謡曲は妙にツボです。

でも、このままだとDVD売り上げは最近のシャフト作品で最悪クラスの惨敗だろうな、と思えてしまうのが悲しい。

「ハヤテのごとく!!」
「夏のあらし!」のあらしさんこと嵐山小夜子と、綾崎ハヤテが同じ声優さんってのがすごい。
しばらく外泊してきてほしい、「返されても困るので使い切って欲しい」などと予算百万円渡すほうも渡すほうだけど、それをあっという間に赤の他人のせいで、そのためだけに使い潰してしまうハヤテもハヤテ。
ヒナギクはあからさまに「(*・3・*)お、おじさんは圭ちゃんのことなんて…」的恋愛負けフラグが立っているから、反応に困ってしまいます。まぁ、それを楽しんでくれってコンセプトのキャラでしょうけど。

でもやっぱり、マリアさん可愛いよマリアさん。
アニメ雑記 | コメント:0 | トラックバック:0 |

浮気者

先日、あの方とお会いする機会を設けたのですが、私のあまりにも無計画な行動のせいで、過去これまでにないくらいにグダグダな会合になってしまいました。
酒の酔いが冷めた翌日、先方の貴重な時間を無駄に潰してばかりだった自分の至らなさにマジ凹み。いったいトータルでどれだけ無駄な待ちぼうけを食らわせて歩かせたことか…。
人様を誘うなら、計画的に。お金を借りるのはそれ自体が計画的な人間のすることじゃないので(ぉ

でも、圭×羽コンビで赤×梨コンビをぶっ潰す話は是非読みたいっす。どんなに時間がかかっても楽しみにしています…なのにそちらの貴重な時間をt(ry

というわけで、いい加減何かお見せしなくてはいけない澪IF新作ですが、咎人さんには、大幅遅延遅筆の内情もポロッと話しました。

「俺、実は羽入萌えなんだ…」(キョン風)
※実際に会合席上で話した言葉とは違います

先日放映していた再放送「夏目友人帳」の台詞を借りるならば、羽入に「情が移った」というべきか。
そもそもの発端は、元々完結編として予定していた冬のお話のプロットをお蔵入りさせたこと。

現段階でオリスクとして公開している話を見ると、あからさまに梨花の一人勝ち、ギャルゲー風にいえば、もう専用ルートとしか思えないのですが。まぁもともと、実質「ギャラクシーエンジェル」と「舞‐HiME修羅」ぐらいしかルート分岐ギャルゲーはやったことがないくせに、その乏しい戦歴を元にギャルゲーチックにしたんですけどね。

前回の会合やメールでのやり取りで釘は刺されているんですけど、ここからひっくり返ったら、「ひぐらしは推理モノじゃない」って叩かれたみたいなことになる…(んなこたぁない
誰が読んでも澪IFでの圭×梨って鉄板だよなぁ…だってあの頃はそのつもりで書いたんだもの…でも、

この二人が「恋愛」してる?

なんて改めて問われたら……

作中で圭一本人が言っています、「ついこのあいだまで本物のエロ本とは何かすら知らないようなガリ勉野郎」だったって。
開き直った言い方をするならば、私が書いているひぐらしキャラ、特に梨花は原作者竜騎士さんの梨花とはかなり違ってきています。いわゆる原作レイプ二次創作のキャラ崩壊です。
まぁ、「羽入と残酷な別離を強いられた梨花」なんてご本人は描いていない(賽殺し編はそこまでいかない)んだから、違って当然。

最近では、心癒し編とか語咄し編とかで、竜騎士さんも梨花の「親(羽入)からの自立」に言及するようになってきたわけですけれども、少なくとも「礼」を書いていたあたりまでは、羽入に「梨花のためにという大義名分のもとに」身を引かせるような話は描きたくなかったんだろうなぁと愚考しています。


そりゃ、羽入が犠牲になってお涙ちょうだい、で誰が喜ぶんですかという意見も正しい。
古手の始祖桜花の苦衷を引き継いで「最後の奇跡」を起こした梨花の想いもわかる。
禁書目録の上条さんなら、説教タイムに突入です。

しかし、しかし…あえていう、しかしですよ?


私は、あなたを救いたい。
でも、救うって本当にその人のため?

私は、あなたを救いたい。
でも、救われるって本当にその人?

私は、あなたを救いたかった。
でも、救うつもりが苦しめてはいなかった?

            Furude Rika


私は自己「犠牲」を肯定はしません。
犠牲なき道を示すことで、贄を救う行為は崇高でしょう(嫌味とか皮肉ではなく)。

身捨つるほどの「あなた」はありや。
あったからこそ、身を捨てようとしたんじゃないか!
しかし、彼はまだ若く未熟で、彼女は老いて悟り過ぎていて、彼女は老いて未熟で。

死にたいなら死なせてやれ、などとは言いません。
でも、「てめぇは間違ってる! 目を覚ませ!」と平手打ちして強引に手を引っ張って「救い出す」行為は、本当に「その人の救済」なのか。
その母体からして原作遵守とは言いがたい澪IFですが、これだけは尊重したい「原作の決まり」があります。

互いが手を伸ばしあえば、とどかないはずがない。

竜騎士さんが、祭囃し編で「生贄を投じることで手を結ぶ禊ぎ」を否定したのならば、私は「生贄を救うことで成される禊」を否定したい。

浮気者…の続きを読む
二次創作 | コメント:0 | トラックバック:0 |
| HOME |


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。