夢の欠片、その在処は

舞鶴鎮守府で提督やってます

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

生存報告

いろいろありまして、更新サボっていました鳳龍です。

どうも寒暖の差が大きいと体調を崩すタチのようで、風邪をひいております。
とはいえ休んでばかりもいられないので、早く治してアレとかソレとかを早く仕上げないと…。

以下、ざくっと雑記。

「(続)夏目友人帳」はすばらしい。
以前立ち読みしたとある本で、監督さんがインタビューで「男の方(元々原作は少女漫画で、女性向けを意識した作品)は癒されて下さい」と。ハイ、癒されてます。
原作者さんとのやり取りなどの制作話で「誠実な(に)」というキーワードに共感すると同時に、落ち着いたのがいいとは(ヲタクとして)歳を取ったもんだなァと老け込んでしまいました。

「とらドラ!」は注目しています。竜児と大河と実乃梨。
ぶっちゃけ、うちの「澪IF」って方向性としては、これととても近いので……どう収束するか、どうオチをつけるのか(原作は来月完結で、脚本家さんは原作者さんから教えてもらったそのプロットを反映したEDにするそうで)にとても気になっています。

オリスク「羽入は俺の嫁」プレイしました。
久しく見ていなかった(見る気もおきなかった)祭囃し編のあの「演出」が使われて、思わず吹きだしました。そういえばてっこーだんってこういう「演出」だったなぁと。
笑える流れの中で使う(この「羽入~」のように」)のは大いに結構なのですが、よりによって「間に合った…」の後にアレはないだろ竜騎士さん…って拒絶反応をおこすのは、案外私が(趣向的に)歳をとって、「凶悪さ」を受け付けなくなってるせいなのかも…。
最後に感想。「圭一主導の完結編」って、もしかしたらこれが最適解かもしれません(笑)。
(ここで私信。キヌヤンさん、消息絶っていてごめんなさい。そちらのブログを見て慌てて今日の記事を書きました。私は生きてます。賽解し編はどうにもグダグダになった書きかけを一度キッパリ破棄したので書き直しています。)



ひぐらし卒業論文こと「話尽し編」の資料として、公安と検察の本をぱらぱら読んでます。
あと、小泉のおじいちゃん関連も調べているんですが…「帝大出」で「最高戦争指導会議」の「陸軍大佐」って並びが歴史考証的にはデタラメだという事が発覚。

風邪が治り次第、SSを仕上げてお披露目します。早く治癒すべく今日はこれにて就寝。では。
スポンサーサイト
雑記 | コメント:2 | トラックバック:0 |
| HOME |


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。