夢の欠片、その在処は

舞鶴鎮守府で提督やってます

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

漫画版「ひぐらしのなく頃に解 皆殺し編」

ウチの妹が月刊Gファンタジーを買ってきて、昨日貸して貰いました。
(このブログで度々登場する「ウチの妹」とは、まあ刑事コロンボの「うちのカミさん」とかスレイヤーズの「リナの姉ちゃん」のようなもの、とお考え下さい。実在の人物です)
桃種先生のファンで、他にも「Pandora Hearts」とか「黒執事」とかが好きな、ちょっと腐な感じの「ウチの妹」のお陰で、私は「皆殺し編」や「ぱにぽに」などの漫画が読めます、ありがたや。


「ひぐらしのなく頃に解」の漫画化も「目明し編」「罪滅し編」の単行本化を終え、「皆殺し編」「祭囃し編」の連載が始まりました。
いよいよ漫画のひぐらし解答編も折り返し点を迎えました。(原作のテキスト分量的にはまだ5分の2を終えた程度だったりもしますが)

もともと、皆殺し編の漫画化企画は、Gファンタジーで「(出題編)祟殺し編」が連載終了した直後、既に存在したようです。内容的にも「祟殺し編」と対応する解答的要素が多いため、同誌にて間を空けず連載開始することを打診された原作者・竜騎士07氏は、しかし「皆殺し編」は冒頭から「罪滅し編」の「本当の」結末を始め、世界観の説明など多大なネタバレが行われていることからこれを固辞し、代わりに外伝の「宵越し編」を企画・連載して「つなぎ」とした経緯があります。(氏の「制作日記」を参照)

氏の意向に沿って、漫画版目明し、罪滅し編の終了をもって皆殺し編(以下皆編)の連載開始が発表されました。更に祭囃し編(以下祭編)の連載も発表されたのは、ある種サプライズと言え、ネタバレを懸念する声もあります。
もっとも、皆殺し編は月刊誌、祭囃し編は隔月誌の連載。皆編の連載第一回は2話掲載の措置が採られ、皆編第二回も祭編第一回とほぼ同じページ数であることから、今後は2ヶ月辺りほぼ皆2対祭1の分量ペースで進行するものと思われます。よって、祭編の「昭和58年6月」が始まる前に恐らく皆編のケリはあらかたつくのではないかと推察します。祭編は「昭和58年6月」が始まるまでがかなり長いので。

作画を担当するのは、桃山ひなせ氏。
これまでひぐらし関係はもちろん、長期連載作品の経験はなく、読みきり掲載作品や小説の挿絵を幾つかこなしていた新顔さんです。
恐らく――スクエニの意向通りに皆編連載を即時開始していれば、作画担当は祟編の鈴木次郎氏だった「かも」しれませんが、それはもう「閉じられた可能性」の話――多くの方は、不安を覚えると愚考します。ひぐらしファンにも漫画ファンにも馴染みの無い方の起用ですから。

以下の記事を読まれる方は、ネタバレがありますのでご注意を。
漫画版「ひぐらしのなく頃に解 皆殺し編」…の続きを読む
スポンサーサイト
漫画版ひぐらし皆殺し編 | コメント:0 | トラックバック:0 |
| HOME |


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。