夢の欠片、その在処は

舞鶴鎮守府で提督やってます

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

ひだまりスケッチ×365第4話

1日で一気に3話分感想記事を書くという反則を……周回遅れを早く解消しないと、ということで。

さて、すでにあちこちで話題になっていますが、ひだまりスケッチ×365のOP映像は、毎回微妙な変更が施されています。
宮子がご飯を頬張るシーンで、掛け軸に書かれた魚の名前とちゃぶ台の上の寿司の数が変わります。また、今回の第4話では、これまでひだまり荘が映っていたラストカットの写真が、引越しトラックがピンボケで割り込む写真に変更。それで気付いたのですが、トラックの写真だけではなく、ここで使われていた写真は全部、前の話と違うもののようです。
わざわざ「オープニングディレクター」職を設けてOP映像に対するこだわりとサービス精神を見せるシャフト、私はこの姿勢が大好きです。

今回は「アバンタイトル+Aパート」と「Bパート」で別個のエピソードとなった第4話。
前半は宮子の家にどこからともなく猫が居ついたお話。
度々訪問させて頂いている同人サークルの絵師さんが実家で「寝転がるとドスンと鈍い音を立てる」メタボ猫を飼われているというのが最近話題になっていて、これまた超個人的にタイムリーだったエピソード。
(でも更に余談ですが、「メタボ猫」と聞いて、丁度このお話で登場したような丸々と太ったふてぶてしい猫を想像していたら、写真を拝見すると思ったよりもおデブという感じはしませんでした。)

閑話休題。普段は貧乏な宮子ですが、クロスワードで当選した「北海の海産物詰め合わせ」のストックがあったのでこのときは羽振りがよく、居ついた猫へ鷹揚に焼き魚やら海老やらを食べさせます。それでも食料備蓄は貴重なのか、猫がこの後更に食べたげなそぶりをすると渋り顔。ここでタイミングよく牛乳とキャットフードを差し入れするひだまり荘の仲間達は本当にいい人たちです。
そして1週間後、猫が宮子に似てきてないかといわれて、さらっと「もう1週間も、同じ釜の飯を食べてきたからね」と述懐する宮子。キャットフードって食べられるんでしたっけ?

ところが宮子だけでなくゆの達もすっかり情も移った頃、突然猫はいなくなりました。
(いなくなるところからアニメーションの画調を変えるというちょっと粋な演出)
ゆのが号泣するのをよそに、当の宮子は「自由が一番」と笑顔。これまで波乱万丈な人生を歩んだという彼女、凡人とは一味違います。

ところで、ひだまり荘はペット禁止なのでどうしたものかと悩み、宮子が一計を案じヒロさんの部屋を訪れるシーン。「猫なんてどこにもいないよ。幽霊でも見えてる?」とすっとぼける宮子をみて、ついひぐらしの「悟史くんはね、転校したの」なシーンを思い出してしまいました。
宮子の策で惑乱させられた挙句、幽霊じゃないかとまで言われて「脱兎」と逃げ出すヒロさんが本当に可愛い。この後きっちり宮子に返礼のゲンコツをお見舞いところがまた良しです。「ひだまりスケッチ」では、疑心暗鬼に囚われて撲殺したりはしません(おぃ
でもこの後、2階の宮子の部屋から響く猫の異様なイビキに「やっぱりあの猫変よぉおおお~!!!」と怯えるヒロさんがやっぱり(ry
ヒロさん役後藤邑子さんの通称「ぽんこつ声」の面目躍如、ヒロさんは「沙英さんの嫁」なので「俺の嫁」主張はしませんが(ぉぃ、どうやら、私はひだまり荘4人組ではヒロさんがお気に入りのようです(笑)。
ひだまりスケッチ×365第4話…の続きを読む
スポンサーサイト
ひだまりスケッチ×365 | コメント:0 | トラックバック:0 |

ひだまりスケッチ×365第3話

吉野屋先生に「すてきな神社がある」と紹介されて、ゆのと宮子が訪問がてら風景画スケッチをする第3話。
神社を訪れる前半は原作3巻収録のエピソードですが、帰宅後ヒロさんや沙英さんと4人でその回想をしつつ雑談するのはほぼオリジナルエピソード。また、合間に吉野屋先生が「魔王」こと校長先生に呼び出しくらってしまう話や、大家さんが今度はカメラ抱えて物件紹介と思しき撮影のバイトをしているのもアニメオリジナル。ヒロさんが大家さんに「203号室に鍵がない」ことを訊ねたかと思ったら、その後沙英さんが大家さんと会った話をしようとしたら慌てて遮ったり、なにやら伏線の様子。単行本未収録の最新エピソードにヒロさんと大家さん絡みの伏線を回収する答えがあるとかないとか。

高台にある神社の石段を登るゆのが、頭の中で必死に段数を数えている最中に、よりによって時刻を聞いてしまう宮子。もちろん悪気はないのですけどプチ酷い仕打ちです。
年齢に関わらず、どんな女性にも「お嬢さん」と気さくに話しかける神社の宮司さん。どこのみ○もんたかと(笑)
このエピソードに限りませんが、宮子は何気に画家として非凡どころか鬼才の域です。1話で「ウサギ」のお題でどこの前衛芸術かと見まごう作品を描くかと思えば、恐ろしくケルベロスチックな狛犬を描いたり、後半で写真のような風景画を仕上げていたり、底の知れない才能を有している模様です。性格からして大物ですし、将来はどうなるのか。

でも、今回高台で出会った幼い女の子は、ゆのの絵が欲しいと言い、宮子の絵はスルーされたそうです。普段至って謙虚なゆのがちょっと天狗になって(鼻を伸ばして)しまうのは見てる方がニヤニヤしてしまう光景。

ゆのよりも遥かに凡才ですが、私もSS書いてお褒めの言葉を頂くと、ついこの話のゆのみたいに天狗鼻状態になってしまいます……という思い上がった本音をポロリと。これが壁にぶち当たった一因でもあり……

閑話休題。
私が好きな、体形気にするヒロさんの恒例ネタは今回もアリ。ダイエットゼリーに練乳なみなみと、はそりゃなんぼなんでも。そういえば、この後宮子がダイエットゼリーを貰い受けるのは1期であったような気もします。
ダイエットの意味のなさをツっこまれてビクっとなり、ぶぅと頬を膨らませるヒロさんがめちゃくちゃ可愛く見えました。ツボにはまってこの部分を何回もリピートしてしまったのはココだけの話です。
女の子が拗ねるのは可愛いですね、ドジっ子共々フィクション二次元世界だけでの話ですけど(ぉぃ
ひだまりスケッチ×365 | コメント:0 | トラックバック:0 |

ひだまりスケッチ×365第2話

アニメ版「ひだまりスケッチ」の特長を一つあげると、原作(単行本化されている部分)では表に登場しない、沙英の妹“智花”が活用されていることでしょう。
1期でも登場し、良くも悪くも「ツンデレの女王」と言われる釘宮理恵さんが担当でちょっとした話題になりました。(「とらドラ!」というラノベ作品のキツイツンデレキャラでまた起用されるという噂が)
第2話は、その智花が高校入試を迎えるお話。
2期第1話は文字通り「ひだまりスケッチ第1話」でしたが、この第2話からは1期、特別編のエピソードを踏まえて、時系列がランダムになるようです。
この第2話は、1期最終回前編で智花がひだまり荘を訪れたクリスマスイヴのエピソードの続き。
クリスマスイヴの話もそうでしたが、沙英さんは智花にツンデレもいいところです。釘宮さんは下手に「ツンデレ定番」と当てはめず、こういう「ツンデレの姉を持つ、お姉ちゃん子な妹」とか幅広く起用してくれた方がいいですなぁ。
私は男で兄ですが、妹を持つ沙英さんの態度はよく分かります。妹は生意気でもつい甘やかしてしまうんですよ(笑)
智花ともう一人、大家さんもアニメ版では微妙にエピソードが増量されているようです。
大家の収入だけでは苦しいのか、今回はピザのチラシ配りのバイトを。
大家役は沢城みゆきさん。26歳の私よりも年下なのに、随分と年長気味の声音を出すものです。しかも、この30代っぽい大家さんのキャラが一番素の喋りに近いのだから恐ろしい。(エンジェル隊の頃から、沙英役の新谷さん共々、私の見るアニメ御用達の声優さんです)

前半は智花のオリジナルエピソードでしたが、後半は原作にあったお鍋のエピソード。この暑さ厳しい時期にこたつ囲んでまったり……とか、なんとも季節はずれな話を。今年は本当に暑さが厳しい(汗)
私は、体形を気にするヒロさんのエピソードがお気に入りで、宮子がことあるごとに弄るのがツボ。2期のお陰でこのちゃんこ鍋ネタがアニメで見られて嬉しいです。
私は鍋(水炊き)が大好物ですが、ヒロさんのように「しめは鍋しるこ」という発想はありません(笑)。やっぱり、お鍋(水炊き)のしめは卵とご飯を入れて雑炊が一番ですよ。甘党なのでおしるこも鍋一杯全然平気なくらい好きですけど、鍋平らげた後に連チャンは幾らなんでもキツイですよヒロさん。

ああ、智花、大家さんもですが、アニメ版は吉野屋先生と校長先生も出番増量気味ですな。
「受験の時期にバレンタインだと浮かれるな」と吉野屋先生にお説教したら「チョコあげない」って言われて、校長先生、事後なにあからさまに落ち込んでるんですか(爆)。しかも「やっぱりあげる」ってなったらあんなに喜んで……。

懇意にさせて頂いている咎人さんは「吉野屋先生が(声込みで)好き」と仰ってましたが、私も吉野屋先生は名脇役としてお気に入りです。2話でも、浮かれたり泣いたり怒ったり落ち込んだり、ホント喜怒哀楽の激しい先生ですな。
ひだまりスケッチ×365 | コメント:0 | トラックバック:0 |
| HOME |


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。