夢の欠片、その在処は

舞鶴鎮守府で提督やってます

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

R.O.D-THE TV- 再放送

以前住んでいた家にはUHFアンテナが無かったので、U局アニメは見られなかったのですが、引越し後は一転してテレ玉・千葉テレビ・東京MXが視聴可能になりました。
じゃあ折角だから、と最近録画・視聴しているのがこの作品。
かつて、フジテレビでの本放送を第一話から見ていた「R.O.D-THE TV-」が、東京MXで再放送されています。
「R.O.D」とは、今では希少になりつつある「オリジナル企画作品」です。
小説版が版行されてますが、TV版の前のOVAアニメ版と並行して進められた企画のもので、設定は共有していますが原作ではありません。
ただし、OVA・TVシリーズ全話の脚本を担当した倉田英之氏が小説も執筆し、大雑把にいえば「R.O.D」は事実上倉田氏の作品、かもしれません。小説版の最終(といわれる)12巻がストップしたまま未だ出ていないんですけど。(二次創作を中途でストップさせている私が言えた立場ではないかもしれませんが)
この「R.O.D-THE TV-」が思い入れ深いのは、「第一話から見たから」です。
そんなことはあたりまえと思われるかもしれませんが、かつての私はアニメの情報に疎く、予約録画を失敗することもしばしば。面白い作品があるらしい、という評判を聞いて途中から視聴、後日第一話からビデオレンタルでまとめて補完するというパターンが殆どでした。
それだけ「第一話が初見で、その第一話の面白さに惚れ込んだ」というのは、家にPCが無くインターネットと縁の無かった(情報弱者?)当時としては本当に珍しいパターンだったのです。
まぁそこまで異例な熱の入れようだったのに、待っていたのは中途打ち切りという、今でもあのショックは忘れられないほどの惨い仕打ちだったのですが。
未放映の話数を収録したDVDを発売当日に買って食い入るように観たのもまた、思い出。個人的には終始面白かったですけど、最近ネットで見聞きしているとどうも終盤の展開は評判がよろしくないようで。「倉田さんは終盤の展開を描くのが下手」という評まであるらしいですね。
私は、読子・リードマンが主役のOVA版はTVシリーズ放映前に慌てて見た程度だったので、当時はOVA版への思い入れが少なかったのも、読子さんが登場した後半への評価の違いに出ているのかもしれません。打ち切りのショックでそれどころではなかったのかもしれませんが。
この作品は、「紙を自在に操る“紙使い”が繰り広げるアクション活劇」――ですが、TVシリーズではアクションというより、アニタ、ミシェール、マギーの三姉妹(血は繋がっていない)と、読子の友人でスランプ作家のねねね達の「家族・友人の絆」を描いたドラマ、というべきかもしれません。
DVDは全巻しっかり持っているのですが、折角放映されているならばとつい観ています。(一部の話はDVD版と差異があるらしいですし)
R.O.D-THE TV- 再放送…の続きを読む
スポンサーサイト
アニメ雑記 | コメント:2 | トラックバック:0 |
| HOME |


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。